vol.  
企業のオフィスインテリアにおすすめのレイアウトや家具とは?

オフィスのレイアウトやデザインを上手に整えると、スタッフのパフォーマンスを向上させることが可能です。意識して適切なレイアウトにすることで、より心地よく仕事の効率もよいオフィス環境を実現しませんか?

 

ここでは企業のオフィスインテリアについて、おすすめ例を紹介します。

2020年05月16日


この記事を読むのに必要な時間は約 3 分です。

  • share
  • share
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

企業のオフィスにおすすめのレイアウト

 

オフィスのレイアウト

 

企業のオフィスに求められるレイアウトとはどういうものでしょうか。もちろん、仕事の効率を向上できることも大切ですし、コミュニケーションの円滑化に資する要素も必要です。

企業のオフィスにとってプラスになるであろう、おすすめのレイアウトを紹介します。

 

集中しやすいパーティション形式

 

可動性のよいパーティション形式を採用すると、簡単に「ゾーニング」ができて便利です。これは、コストをかけずにレイアウトを変更できる有効な方法だといえます。
 
ゾーニングとは、空間をテーマや用途、そして機能性という側面などで分けることです。オフィスに置き換えて考えれば、各部署や会議室、カフェステーションなどをどのように配置し、どんなレイアウトにするかということになります。

ゾーニングが上手く機能すればオフィス空間が効率よく使え、ひいては生産性の向上につながるのです。
 
仮に、営業やデスクワークがメインの会社なら、執務スペースを多く確保することで作業効率が上がります。他方で訪問客の多い会社の場合は、来客用のスペースを増やしたりするのが適切なゾーニングです。
 
パーティションを使うメリットで代表的なものは、やはりプライバシーが守られること。また、それによって集中力が増し、仕事の効率向上が期待できることでしょう。

加えて、パーティションは騒音や雑音を低減することも可能です。それ以外には、温度を管理しやすい、ウイルスやバクテリアの拡散を妨げるといったことがメリットといえます。
 
デメリットとしては、閉塞感が感じられたり暗く感じたり、さらには空間がオープンではないためにコミュニケーションを取りにくいといった点が挙げられるでしょう。
 

柔軟性が高まるフリーアドレス形式シンプルな縦長デスク形式

 

シンプルな縦長デスクは、スペースを無駄にしない、空間効率のよい配置を生み出せます。思い思いに自分の好きな場所に陣取ることができるメリットに加え、部署間の交流がしやすい点もおすすめです。

 

遊び心のあるスタイリッシュ形式

 

スタンディングタイプのレイアウトにすれば遊び心のあるスタイリッシュな使い方ができ、それと同時に汎用性も向上します。たとえば、配線付きのハイテーブルさえ1つあれば、そこはスピード感を重視しつつコミュニケーションが取れる場になるということです。
 
また、高さを変更できる上下昇降テーブルが1〜2台あれば、参加人数が流動的なミーティングでも、あるいは人数の制約がないスタンディングスタイルのミーティングにもフレキシブルに対応することができます。

 

オフィスインテリアおすすめの家具

 

オフィスのおすすめの家具

 

オフィスインテリアには目的や用途に応じて様々なカテゴリーがあり、その中でもさらに細分化しています。昨今のオフィスによくあるシチュエーションを想定しつつ、それに見合ったおすすめ家具のタイプを紹介しましょう。

 

会話に最適なダイニングテーブル

 

ダイニングテーブルなら、いわゆるランチミーティングのような雰囲気で、なごやかに会話しながらの会議がおこなえます。椅子を増やせばそこそこの人数にも対応可能で、使いやすい点もおすすめです。
 
ダイニングテーブルは、スタッフ間のコミュニケーションを活性化することができます。ダイニングテーブルの種類は多く、中にはミーティング中の執務も可能な配線機付きのものもあり、それぞれの目的に応じて選択可能です。
 

収納に便利な脇机

 

脇机は、デスクとのマッチングによって空間を色々なイメージでデザインできるので、より一層仕事がしやすい環境を作り出せます。
 
また、ワゴンの底面にはキャスターがついていて移動もしやすく、デスクの下に収納が可能です。2段のものもあれば3段のものもあり、シチュエーションや業務内容に合わせて選べます。
 
脇机とワゴンを組み合わせると機能性はさらに向上します。色々な目的に合わせてカスタマイズすることが可能です。

 

カフェにも最適なハイカウンター

 

オフィスの中にカフェステーションを設置する場合、ハイカウンターがおすすめです。

大人数でソフトドリンクを楽しみながら、和気あいあいとした肩のこらないミーティングがおこなえます。従来のオフィスイメージである「固さ」とは打って変わった、現代らしいオフィス空間を作り出せることでしょう。

 

まとめ

 

企業におすすめのオフィスインテリア

 

時代とともに変わりゆくのがオフィスワークのあり方です。今の時代のオフィス環境に相応しい、おすすめのオフィスレイアウトを紹介しました。これらを参考にして、あなたのオフィスにマッチするオフィスインテリアを検討していただければ幸いです。

 

この記事を書いた人

IBASHO編集部

IBASHO編集部

オフィスで働くことをもっとたのしく・働く場所としてもっと快適に。「はたらく人を幸せにするメディア」IBASHOを運営しています。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
オフィス取材を希望する方はこちら!!
オフィス賃貸・物件紹介サイト Runway

この記事を書いた人

IBASHO編集部

IBASHO編集部

オフィスで働くことをもっとたのしく・働く場所としてもっと快適に。「はたらく人を幸せにするメディア」IBASHOを運営しています。
オフィス取材を希望する方はこちら!!