vol.  
オフィスインテリアのデザインの考え方!おしゃれの秘訣も紹介

オフィス空間というものは、日々複数の個性ある人たちが集い、コミュニケーションを取りながら仕事を進める交流と創造の場です。1日のうちの大半の時間を過ごすオフィスだからこそ、働く人たちが快適さを感じることが大前提です。

 

その上で、その会社のイメージやビジョンが反映したオフィスインテリアのデザインであれば、社内外の人にとって心地よい空間になると考えてよいでしょう。ここでは、オフィスデザインに取り組む際の基本的な考え方や注意点について紹介します。

2020年05月16日


この記事を読むのに必要な時間は約 7 分です。

  • share
  • share
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

オフィスインテリアのデザインの考え方

 

 

オフィスインテリアのデザインを考えるにあたっては、それが生み出す効果やコンセプト、そして管理コストに関してよく考慮しなければなりません。それらのポイントを紹介します。

 

オフィスデザインの与える効果

 

職場のたたずまいともいえるオフィスデザインには、さまざま効果が存在します。それを意識して取り入れることで、洗練された職場環境を作り出すことが可能です。

 

たとえば、「おしゃれでクール」な空間にするとスタッフ間のコミュニケーションを取りやすく、またチームとしての一体感を出せる効果があります。最近は社長室の壁さえも取り払ったオフィスが増加中です。

 

また、多くの会社ではスタッフが一息つける憩いのスペースを、リフレッシュ効果を意識して設けています。そこには観葉植物を置いたり、あるいはナチュラルでウッディな家具を置くなどの工夫を加えると、リフレッシュ効果を高めることが可能です。

 

コンセプトを決める

 

オフィスをデザインするにあたって最優先項目となるのは、コンセプトの明確化です。コンセプトが曖昧だとブレやすい上に、ブレたときに立ち返る基準がないので迷走してしまいます。

オフィスは単なる仕事部屋ではありません。そこにはその会社のビジョンやアイデンティティがおのずと表われ出てくるものです。

 

そのオフィスで働く者にとっては、会社のビジョンやアイデンティティが感じられる空間にいると、仕事へのモチベーションも維持できます。

 

また、そこに訪れた外部の人に対しても、ビジョンやアイデンティティが可視化されているとしたら、押し付けがましくアピールしなくても、自然と共感を持ってもらえるメリットがあるでしょう。

 

管理コストについて

 

観葉植物などをオフィスインテリアの一環として設置する場合は、詳しいスタッフがいれば担当してもらうことも可能でしょう。しかし、時間を取られてしまっては、業務に支障をきたすので芳しくありません。

一般的には、業者からのレンタルによってプロフェッショナルに世話を任せ、社内のレイアウトを活かした空間コーディネートの感覚で植物の種類や大きさをアレンジしてもらうことが有効だと思われます。

 

ただし、注意しておきたいのは、継続的にランニングコストが掛かるという点です。観葉植物を扱う業者やサービスは現在とても多く、ネットで比較検討して合い見積もりなどを取りながら、長期的に無理のないコストであるかを考えておく必要があります。

 

おしゃれなオフィスのインテリアとは?

 

 

インテリアに遊び心を持たせたりすると、オフィスの印象もまったく変わってきます。オフィスのインテリアでおしゃれな印象を与えるには、何に注意をすればよいのかを見ていきましょう。

 

統一感

 

たとえば会社の受付という空間は、訪問した人に第一印象を与える、いわばその会社の「顔」です。受付でその会社のイメージが損なわれないように、おしゃれなセンス感を醸し出したいものです。そしてそのセンス感が受付に限らず社内全体に行き渡るといった「統一感」が感じられるようなインテリアのセレクトが好ましいといえるでしょう。

 

もちろんおしゃれなセンス感といっても、会社のイメージに応じて社内全体のレイアウトが「クール」「ナチュラル」「近未来的」「ほっこりしている」など、いろいろなイメージがあります。要は全体としてひとつのイメージで統一されていることが望ましいのです。もちろん細部において違うイメージが存在するのは問題ありません。

 

また、「色」という項目一つをとっても、それは統一感を左右する要素だと考えられます。インテリアの色彩がバラバラだと、デザイン面では統一されていても散漫な印象を与えてしまうので、色選びはレイアウトの中に含まれているという認識が必要です。

 

清潔感

 

オフィスのインテリアにおしゃれさを感じるために欠かせないのは、前述の統一感に加えて清潔感です。それが感じられれば、おしゃれな雰囲気と相まってスタッフも気分良く仕事に励むことができるうえに訪問客も心地よいものです。

清潔感を出すために意識した方がよいポイントがあります。たとえば、色々な要素を同じオフィスのデザインに詰め込みすぎると、清潔感を失ってしまいます。オフィスデザインは、ある程度の要素に絞り込んでデザインしなければなりません。

 

また、オフィス全体の作りだけではなく、設置するインテリア、デスクやチェアのグレード感にも注意しましょう。どのような業種かによっても、清潔感を表すものが微妙に変化します。

普遍的にいえることとしては、明るめのモノトーンである白やアイスグレーなどを基調にすれば、基本的な清潔感を出しやすいでしょう。また、壁面などにストライプ柄などが見られると、スッキリした感じを出しやすくなります。

 

まとめ

 

 

オフィスインテリアのデザインというものは、もちろん人によっても感じ方が違うものです。とはいえ、全体と部分を意識して構成すると、洗練された雰囲気を作り出すことが可能となります。

 

上手にオフィスデザインが施された空間は、業務内容の向上にもプラスに反映するでしょう。ここで紹介したポイントである「コンセプト」「清潔感」「統一性」などを参考にして、よりよい職場環境のためのオフィスデザインにチャレンジしてみてください。

 

この記事を書いた人

IBASHO編集部

IBASHO編集部

オフィスで働くことをもっとたのしく・働く場所としてもっと快適に。「はたらく人を幸せにするメディア」IBASHOを運営しています。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
オフィス取材を希望する方はこちら!!
オフィス賃貸・物件紹介サイト Runway

この記事を書いた人

IBASHO編集部

IBASHO編集部

オフィスで働くことをもっとたのしく・働く場所としてもっと快適に。「はたらく人を幸せにするメディア」IBASHOを運営しています。
オフィス取材を希望する方はこちら!!