vol.  
オフィスエントランスにグリーンを!注意点やデザイン例5選紹介

この物件の関連情報

オフィスのエントランスは、企業の「顔」ともいえる場所です。清潔感のあるグリーンを置くことで、華やかで洗練された印象を与えられます。本記事では、オフィスのエントランスにふさわしいグリーンについてご紹介します。選ぶときの注意点やデザイン例をチェックしていきましょう。

2020年05月30日


この記事を読むのに必要な時間は約 8 分です。

オフィスエントランスをグリーンでおしゃれに!その効果とは?

 

 

自社のエントランスに対して「シンプルできれいに片付いているけど、少し寂しい印象が…」と感じている方も多いのではないでしょうか。

 

エントランスに物足りなさを感じている場合には、清潔感のあるグリーンを設置するのがおすすめです。グリーンの設置には、空間を華やかに見せるだけではなく、生産性向上や企業イメージアップなどの効果もあります。

 

まずは、グリーンを設置するメリットや効果を確認していきましょう。

 

グリーンはリラックス効果があり、従業員の生産性の向上が期待できる

緑あふれる森林や山に行ったときに、心が落ち着く感覚を抱いたことのある人も多いのではないでしょうか。

 

人は無意識のうちに、自然やグリーンを見ると心の安らぎを感じるもの。知らず知らずのうちに、リラックス効果を得ていることも多いんですよ。

 

リラックス効果を得られるグリーンの設置は、従業員の生産性向上にも繋がります。オフィスのエントランスにグリーンを置いて、社内全体のモチベーションアップを図っていきましょう。

 

グリーンにより企業イメージの印象アップにつながる

企業の顔ともいえるエントランスは、それだけ企業イメージに与える影響力が強いもの。

 

たとえば、殺風景で寂しい雰囲気のオフィスエントランスと、グリーンが設置されて洗練された印象のオフィスエントランスを比較したとき、ほとんどの人は後者のオフィスに良い印象を抱きますよね。

 

上記例のように、手入れの行き届いたエントランスは企業自体のイメージアップにも効果があります。積極的にグリーンを取り入れて、明るく清潔感溢れるオフィスエントランスを演出してみましょう。

 

オフィスエントランスのグリーンにかかる費用や注意点

 

 

グリーンを設置することで得られる効果やメリットを確認して、「エントランスにグリーンを取り入れたい!」と感じた方も多いのではないでしょうか。

 

しかし、当たり前のことですがグリーンの設置にはコストや手間がかかってしまいます。あとで後悔しないためにも、グリーンの設置前に導入した場合のコストやお手入れを確認しておきましょう。

 

次は、オフィスのエントランスにグリーンを取り入れた場合の注意点をご紹介します。購入時にかかる費用お手入れの手間まで、しっかり確認していきましょう。

 

オフィスエントランスのグリーンにかかる費用

オフィスのエントランスにグリーンを取り入れる場合、観葉植物を購入もしくはレンタルする必要があります。

 

観葉植物の購入代金やレンタル代金は植物種類やサイズなどによって大きく異なり、大型の観葉植物の購入時には数十万円以上かかることもしばしば…。予想以上に大きな出費になってしまうことも多いのです。

 

はじめてグリーンの設置を行う場合は、レンタルサービスを利用するのも一案。お手入れを請け負ってくれる業者も多いので、初心者でも手軽にグリーンを取り入れられます。

 

注意点1:植物のお手入れ

「最低限のお手入れでも元気に育つ」とイメージしてしまう観葉植物ですが、種類によってお手入れ頻度や方法が大きく異なります。選んだ植物によっては、頻繫にお手入れをしなければあっという間に枯れてしまうことも多いのです。

 

社員や取引先の目に触れるオフィスのエントランスにグリーンを取り入れる場合は、簡単なお手入れでも問題のない種類を選ぶのがおすすめです。

 

注意点2:植物に合う室内環境か否か

選んだ観葉植物の種類によって、成長するうえで最適な室内環境が異なります。観葉植物を選ぶときには、事前にオフィスエントランスの室内環境を確認しておきましょう。

 

【グリーンの設置前に確認したい、オフィスエントランスの環境(例)】

  • 観葉植物を置く場所には、日光が当たる?
  • 室温は何度くらい?
  • 時間によって気温差があるのか
  • 照明の当たり方

 

オフィスエントランスのグリーンの主要なデザイン例5選

 

 

リラックス効果や企業イメージアップにも貢献してくれるグリーンの設置。オフィスエントランスの雰囲気を良くするためにも、積極的に取り入れていきたいものですよね。

 

最後に、オフィスエントランスにグリーンを取り入れた場合のデザイン例を5つご紹介します。

 

壁に広がるグリーン

壁一面をグリーンで覆うような大胆なデザインは、空間の雰囲気をガラリと変えたい企業におすすめです。

 

エントランスに入った瞬間に緑が飛び込んでくるので、空間全体が明るく見えますよ。

 

天井から吊るタイプのグリーン

天井からグリーンを吊るすデザインは、空間を広く見せる効果が期待できます。床や壁の圧迫感が軽減され、エントランス全体をすっきりと見せてくれますよ。

 

ただし、グリーンを天井に吊るした場合は掃除が難しくなってしまう注意点も…。造花を採用したり、レンタルをして業者にメンテナンスを依頼したりと、工夫していきましょう。

 

大型観葉植物を置く場合のグリーン

6号鉢や8号鉢の大型植物を設置するデザインは、洗練されたオフィスエントランスを演出したい企業におすすめです。大型の観葉植物はひとつ設置するだけで存在感を与えてくれ、お手入れの手間も最小限に抑えられます。

 

葉っぱの大きさや形・幹の太さ・枝の伸び方などを比較しながら、オフィスのエントランスに最適な観葉植物を選んでみてくださいね。

 

棚やエントランスの窓口の上に広がるグリーン

気軽にグリーンを取り入れたい企業は、コンパクトサイズのグリーンを棚や窓口に設置してみましょう。4号鉢までの小さなサイズのグリーンであれば、いくつか取り入れてトータルコーディネートを楽しめます。

 

大型観葉植物を購入する場合と比べて代金も安いので、グリーン導入のおためしには最適です。

 

エントランス空間全体がグリーン

リフォームやリノベーション工事を行う場合には、エントランスにグリーンの幹や葉を張り巡らせたようなデザインもおすすめです。空間全体にグリーンが広がっている、ユニークかつ個性的なオフィスエントランスに生まれ変われます。

 

自然のなかにいるような感覚で、リラックス効果も抜群ですよ。

 

オフィスエントランスにグリーンを取り入れて「働き方改革」を

本記事でご紹介したように、グリーンを設置するだけで空間の印象はガラリと変化します。

 

企業イメージにも影響を及ぼすオフィスエントランスだからこそ、癒し効果も得られるグリーンを取り入れていきましょう。

この記事を書いた人

IBASHO編集部

IBASHO編集部

オフィスで働くことをもっとたのしく・働く場所としてもっと快適に。「はたらく人を幸せにするメディア」IBASHOを運営しています。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
オフィス賃貸・物件紹介サイト Runway

この記事を書いた人

IBASHO編集部

IBASHO編集部

オフィスで働くことをもっとたのしく・働く場所としてもっと快適に。「はたらく人を幸せにするメディア」IBASHOを運営しています。
オフィス取材を希望する方はこちら!!