シェアオフィスの基礎からオススメサービスまで解説

最近よく耳にする「シェアオフィス」という言葉。近年都内を中心にシェアオフィスが増加傾向にあります。今回はシェアオフィスの基本的な機能からメリットやデメリットについてご紹介していきます

2017年07月13日

【シェアオフィスとは】

シェアオフィスとは、複数の企業がオフィスフロアや設備、サービスなどを共同で利用するオフィス形態のことを指します。シェアオフィスのサービスとしては、共有のオフィススペースが提供され、会議室や電子機器、文房具、本などのレンタルもできます。

通常オフィスを借りる場合、導入するための初期費用としてオフィス設備や備品に初期費用がかかります。しかし、シェアオフィスを使用することでその分をコスト削減することができます。

近年働き方が多様化し、働く場所も個人で選択できる機会が多くなりました。さらに、フリーランスやとして働く人やスタートアップのような企業にとっても、初期費用を抑えることができる「シェアオフィス」のニーズが年々高まっています。

【シェアオフィスとレンタルオフィスの違いについて】

シェアオフィスとよく比較されるオフィス形態に、レンタルオフィスがあります。同じように使われることが多い両者ですが、実際にはそれぞれ違った特徴があります。オフィスを検討する際には、両者の違いをしっかり捉えて選びましょう。

●シェアオフィスの特徴

・フリーアドレスである為、レンタルオフィスに比べてコストがかからない

・オフィス備品や電子機器などにかかる初期費用が抑えられる

・電話代行や郵便物受け取りサービスで人件費が抑えられる

●レンタルオフィスの特徴

・個室スペースがある為、守秘性が高い

・オフィス備品や電子機器などにかかる初期費用が抑えられる

・電話代行や郵便物受け取りサービスで人件費が抑えられる

レンタルオフィスとシェアオフィスの大きな違いは、個室スペースがあるかどうかという点です。シェアオフィスは基本的に仕事をするスペースはフリーアドレスの形態をとっている為、どこで作業を行っても問題ありません。

一方レンタルオフィスは、共有部もあるサービスが多いですが、基本的にはそれぞれ個室のスペースが用意されています。そのため、守秘性の高い打ち合わせや作業が多い場合はレンタルオフィスの方が良いでしょう。

通常の賃貸オフィスでは、何もない状態から必要な設備や機器、オフィス家具などを全て揃えなくてはならないため、多額な初期費用が必要となります。シェアオフィス、レンタルオフィスを利用することで初期費用が低コストで済むほか、すぐに業務を始めることができます。個別で利用するか、共同で利用するかによって、得られるメリットや考えうるデメリットにも違いが出てきます。

 

【シェアオフィスの6つのメリット】

シェアオフィスには、一般的な賃貸オフィスにはない多くのメリットがあります。メリットをしっかり理解し、オフィス選びに役立てましょう。

①初期費用の大幅削減が可能

複数の会社と共同でオフィス設備を利用するため、個別に導入する必要がなくコストを大幅に削減することができます。

 

②すぐに業務を始めることができる

業務に必要となるものは完備されているので、入居したその日から業務をスタートさせることができ、無駄な時間を削減することができます。

③好立地にオフィスを構えられる

シェアオフィスは、多くの企業が利用しているためアクセスの良い場所に多くあります。そのため、業務を行う上でもよりスピーディーな対応ができ、非常に便利です。

④条件の良い物件にオフィスを構えられる

個別に賃貸オフィスを契約するとなると、賃料によっては条件を見直すことが多くあります。しかし、シェアオフィスでは低コストで利用できるようになるため、条件の良い物件でも十分利用可能となります。

⑤多種多様な企業と交流できる

シェアする企業は多種多様です。また、多くのシェアオフィスには共有スペースなどが設置されているため、そこから他の企業との交流も生まれやすくなり、ビジネスチャンスに発展することも多々あります。

⑥共有スペースのサービスが利用できる

シェアオフィスによっては、共有スペースにドリンクサービスなど設置しているところもあり、充実した環境が整っています。また、定期的にイベントなどを開催して企業同士の交流を深めているところもあり、他社の様々な情報交換の場としても有効活用されています。

 

34

 【シェアオフィスの4つのデメリット】

メリットの多いシェアオフィスですが、その反面デメリットもあります。シェアオフィスを検討する際には、メリットばかりでなく、デメリットにも注目する必要があります。

 

 

1 住所を公開しづらい

企業にとってオフィスをどのように構えているかは、取引先の新規開拓や商談の成立において重要な要素です。シェアオフィスの場合、サービスを使用している企業の住所検索を行うと、自分の会社以外にオフィスをシェアしている企業の名前も出てきてしまいます。そのためシェアオフィスは、賃貸オフィスを使用している企業と比べると信頼性においてリスクになる場合もあります。

 

2 セキュリティ面で不安がある

複数の企業が同じスペースで業務を行うシェアオフィスでは、様々人の出入りがあるためにセキュリティ面で不安があります。また、シェアオフィスでは共有の無線LANを使用する場合が多く、ネットワークセキュリティについても大きな不安があります。従って、多くの機密情報を取り扱う企業や通信量の多い企業は、利用する際には特に注意が必要です。

 

3 業務に集中しづらい

複数の企業がそれぞれの業務を行っているため、人の動きや様々な雑音が生じやすくなります。

例えば、携帯電話の着信音や会話、会議の声などが飛び交いがちです。そのため、集中して業務を行いたい場合には注意が必要です。

 

4 ルールが曖昧になりがち

シェアオフィスでは、それぞれのサービスごとに利用上のルールを設けています。しかし、複数の企業や個人が利用するシェアオフィスでは、業務内容や価値観の違いにより同じルールを守ることが難しくなります。

 

 

35

【都内にあるシェアオフィスの相場について】

では、実際にシェアオフィスを利用する場合、東京都内での相場はどのくらいなのでしょうか?都内にあるシェアオフィスをエリアごとに見ていきましょう。

 

◎千代田区

溜池山王にある物件は月額料金が40,500円~で、九段下にある物件は月額料金25,000円、神保町にある物件は月額料金25,900円~となっています。千代田区の賃貸オフィスの月額料金の相場は数十万円とも言われています。都内の一等地を月額数万円で利用できるのは、低コストのシェアオフィスならではです。

 

◎渋谷区

渋谷駅から徒歩5分の距離にある物件の月額料金は36,900円~となっています。渋谷エリアのレンタルオフィスの月額料金は70,000円前後となっており、オフィスの拠点としても人気のある渋谷ではシェアオフィスの方がよりお得に利用することができます。

 

◎文京区

後楽園駅から徒歩7分の物件の月額料金は25,000円~のコワーキングタイプがあります。この物件には、ロッカー・フリードリンクサービスなどの他、貸し切りスペースの利用も可能です。

 

◎新宿区

新宿西口エリアのビジネス街にある物件の月額料金は21,600円~、早稲田駅から徒歩1分の物件の月額料金は19,800円~となっており、いずれもコワーキングタイプのオフィス形態となっています。

日本のビジネスの中心である新宿で賃貸オフィスを構えるとなると、月額数十万円は掛かります。しかし、コワーキングタイプのオフィスであれば、必要なものはシェアできるため大幅に賃料を削減できます。

 

 

36.jpg

 

【シェアオフィスで法人登記をする際の注意点】

企業にとって、法人として登記することは社会から信用を得るためにも必要不可欠です。現在、シェアオフィスやレンタルオフィスを利用して会社を設立するケースが増えていますが、シェアオフィスを利用して法人登記は可能なのでしょうか?

 

法人登記が可能なところと、可能でないところがある

法人登記の際に、シェアオフィスの住所を使用することは、法律上問題ありません。しかし、注意すべきポイントは、シェアオフィスのサービスによって法人登記が可能なところと、可能でないところがあるということです。そのため、シェアオフィスを契約する前に、法人登記が可能かどうかをしっかりと確認しておくことが大切です。

 

金融機関での口座開設の際の基準が以前よりも厳しくなっている

また、法人登記をするうえでの注意点としては、法人口座の開設に関することです。企業同士の取引では、銀行口座を利用して決済することがほとんどです。そのため、法人口座を開設する必要があります。

 

ところが、最近振り込み詐欺などが多発していることから、金融機関での口座開設の際の基準が以前よりも厳しくなっています。特に、このようなオフィス形態では一般的なオフィスと比べても社会的信用性が低く見られがちで、場合によっては法人口座を開設できないというケースもあります。

 

シェアオフィスを使用する際に社会的信用性を高めるには、実績のある大手運営会社のシェアオフィスを選ぶことです。これにより、信用度をアップさせられるほか、倒産による登記移転などの可能性も低くなります。

 

 

 

 

37

Photo via Visualhunt.com

 

【東京にあるおすすめのシェアオフィス紹介】

東京都内でおすすめのシェアオフィスをいくつかご紹介します。

 

①Knowledge Society(ナレッジ・ソサエティ)

千代田区九段下駅から徒歩30秒というアクセスの良い場所にある物件で、千代田区でトップクラスの起業家向けのオフィスとなっています。

・月額料金:25,000円

・イベントルーム500円/1時間

・2つのエリア(業務集中エリア・多目的エリア)で使い分けが可能

・2名~63名まで利用可能な12の会議室

東京でも屈指の駅近オフィスを25,000円で利用することが可能です。有人受付でセキュリティも万全です。

 

 

 

②オープンオフィス渋谷神南

東急田園都市線・東急東横線「渋谷駅」から徒歩5分の場所にあるオフィスです。渋谷の繁華街にありトレンドの中心にあります。渋谷駅に近く、明治通りに近いため、車での新宿・池袋へのアクセスも良好です。

・月額料金:36,900円~

・貸会議室、インターネット環境完備(高速インターネット・Wifi環境完備)、オフィス家具付き

・ビルの6階~8階に133のワークステーションと会議室1室

・24時間利用可能

・1階には大手コーヒーショップあり

 

 

オープンオフィス神保町

大手町に隣接した人気のビジネスエリアにあるオフィスで、東京メトロ東西線竹橋駅から徒歩3分の好立地にあります。新耐震基準を満たしているので安心して利用することができます。

・月額料金:25,900円~

・貸会議室有り

・インターネット環境完備

・オフィス家具付きで内装工事不要

オフィスには窓もあり日差しが当たる明るい環境のもと、業務を行うことができます。周辺には大手企業が立ち並び、ビジネスを行う上でも最適な立地です。

 

 

以上、シェアオフィスについてご紹介してきましたが、いかがでしたでしょうか?今後さらにシェアオフィスの数は増えることが予想されています。自分に合ったサービスや、シェアオフィスのメリット・デメリットしっかり理解した上でシェアオフィスを検討しましょう。

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
オフィス取材を希望する方はこちら!!
オフィス賃貸・物件紹介サイト Runway
  • share
  • share
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
オフィス取材を希望する方はこちら!!
Runway