vol. 127   株式会社プレシャスパートナーズ
社内のコミュニケーションを活性化する、プレシャスパートナーズのオフィスと制度

社員同士の関係性がいい企業は、社員の顔がイキイキとしています。

 

今回伺った、求人広告事業や人材事業を展開する株式会社プレシャスパートナーズは、まさにオフィスにいる皆さんの顔が晴れやか!話を聞いたところ社員同士の仲がとてもいいんだとか。

 

その理由は、会社全体として「社員同士の関係性」を大切にしており、オフィスや制度に反映されているからとのこと。人事部の奥谷さんにお話を伺ったので、詳しくご紹介していきます。

2019年08月21日
text by ameri

この記事を読むのに必要な時間は約 13 分です。

  • share
  • share
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 

奥谷 莉子さん (おくたに・りこ)
千葉県出身。大学卒業後、2015年に株式会社プレシャスパートナーズへ新卒入社。求人広告の営業経験を経て、2016年より人事部へ異動。新卒・中途の採用業務や研修業務を約2年務め、現在は主に労務業務を担当。
社内の環境改善やエンゲージメント向上に携わる「業務改善チーム」にも所属し、より良い会社づくりのために日々奮闘中。

 

採用を一貫してサポートする総合人財サービスを提供

 

 

ameri

まずは、プレシャスパートナーズが展開している事業について教えてください。

 

奥谷さん

弊社は4つの事業を展開しています。ひとつ目が求人広告事業です。アルバイト・新卒・中途採用の領域で採用を支援しており、バイトルやマイナビなど、日本全国の求人メディアを70種類以上取り扱っています。

 

ふたつ目が人「財」紹介事業です。人材の材を財宝の財に変え、企業と求職者のベストマッチングを目指して取り組んでいます。昨年の9月からは新卒の就職支援事業も開始いたしました。

 

ameri

中途から新卒へと広げているんですね。

 

奥谷さん

3つ目が採用ブランディング事業です。パンフレットやホームページなど、選考に入る前に求職者へ企業の魅力を伝えることも採用において重要です。ターゲットを明確にし、採用に至るまでのフローもサポートしています。

 

4つ目がアールエイチナビ運営事業です。「社長就活」といい、アールエイチナビ上の会いたいボタンを通じて、学生さんから社長を指名して会いに行けるようになっています。誰と働くかをコンセプトにしています。

 

ameri

社長就活ですか!「この人の元で働きたい」と感じてすぐ社長と面談ができるのはうれしいですね。

 

奥谷さん

そうですね。4つの事業に一貫した軸は「雇用のミスマッチをなくしたい」という思いです。

 

近年は採用難といわれており、求職者が選べる会社はたくさんあります。それにも関わらず3年3割の離職率が低下しない。ということは何かしらのミスマッチが起こっているんです。

 

ameri

確かに。

 

奥谷さん

そのミスマッチをできる限りなくしたいと思っており、企業と求職者との相思相愛の関係性を築けるサポートを、4つの事業を通して行なっています。

 

社員同士の関係性を大切にするための制度

 

 

ameri

プレシャスパートナーズでは、どのような思いを大切にして働いているのでしょうか?

 

奥谷さん

基本的に、弊社の企業理念に共感してくれている人が入社しています。なので、働くうえで大切にしているのは企業理念ですね。

 

 

奥谷さん

中でも1番大事にしたいのは「社員同士の関係性」です。

 

ameri

どうして「社員同士の関係性」が1番なのでしょう?

 

奥谷さん

社内でできていないことは、サポートをさせていただいているお客様先でもできないと考えています。なので思いやりや感謝の気持ちを持ち、お互いを大切にし合える関係性をまず社内で作ることが重要だと考えているんです。

 

ameri

具体的には、どのようにして社員同士の関係性をよくしているのでしょうか?

 

奥谷さん

社内制度を整えたり社内イベントを活性化させたりしています。

 

ameri

詳しく教えてください!

 

社員のモチベーションを上げつつ、働きやすい環境を作る福利厚生

 

奥谷さん

まずは福利厚生です。弊社では、「働きがい」と「働きやすさ」の2軸に分けて福利厚生を設定しています。

 

ameri

「働きがい」分野では、どのような福利厚生があるのでしょうか?

 

奥谷さん

表彰制度と昇進試験制度です。

 


▲年に1度行われる全社総会。新人賞、MVPなど各部門の1位が発表され、多くの社員が涙するそう。

 

ameri

昇進試験制度はあまり聞いたことがありません。どういった内容なんですか?

 

奥谷さん

自ら手をあげて、昇進のための試験を受けられる制度です。「上が詰まっているから10年経たないと昇進できない」などという状況をなくした、ベンチャーらしい制度だと思っています。

 

もちろん試験ですので簡単ではないのですが、立候補をしてくれる社員が多くいるんです!

 

ameri

むずかしそうですが、努力すれば認めてもらえる制度があってモチベーションが上がりそうです。

 

「働きやすさ」の面では、どういった福利厚生があるのでしょう?

 

奥谷さん

社員のライフイベントにあわせ働きやすいよう産休・育休・介護休制度を整えています。また通勤による体力・ストレスの負担を減らせるよう近距離手当を支給し、引っ越し手当も設けています。

 

コミュニケーションを活性化させる社内イベント

 

 

ameri

プレシャスパートナーズならではの社内イベントはありますか?

 

奥谷さん

「プレシャスWednesday」というイベントですね。月に1回、第3水曜日に開催する社内で飲み会を開いています。会社から軽食が支給されますが、食べたい食事やお菓子、お酒など好きなものを持ち込み放題です(笑)。

 

ameri

楽しそう!行われているのは本社だけですか?

 

奥谷さん

名古屋支社・大阪支社・福岡支社ともビデオ通話を繋ぎ、全社的に行なっています。普段はあまり関われない拠点間のコミュニケーションを取るきっかけになっていますね。

 

しかしプレシャスWednesdayは業務後に開催しているので、アルバイトやパートの方々が参加できないことが多く、「フレンドシップランチ」というランチタイムにもコミュニケーションを取れる機会も設けました。

 

ameri

社員さんだけではなく、アルバイトやパートの方とも積極的にコミュニケーションを取っているんですね。

 

奥谷さん

はい。最近では、スタッフ同士が盛り上がる話題作りのために「プレシャスWednesday」や「フレンドシップランチ」の前にアンケートを取り、新宿のお店のランキングを作りました!

 

他にも、東京ヴェルディのコーポレートパートナー契約を締結しているので東京ヴェルディの歴史を知ろう!というのを弊社の強烈なサッカーファンが勉強会を開いてくれたりしています。

 

ameri

他にはイベントを開催していますか?

 

奥谷さん

社員から1番人気のあるイベントはバーベキューですね。今年は4月に行われる全社キックオフと日程を合わせて、東京・大阪・名古屋・福岡の社員みんなで行いました。

 

ameri

大所帯ですね!

 

奥谷さん

社員のご家族も招いたので、100名超えでしたね(笑)。

 

 

気軽に連絡を取り合える社内ツールを活用

 

ameri

コミュニケーションを活性化するために、社内ツールも活用されているんですよね。

 

奥谷さん

はい。弊社では社内コミュニケーションとタスク管理を一括で行える「Talknote」というツールを導入し、気軽にメッセージを送り合っています。Talknoteにはサンクス機能があるので、日常の小さなことでも感謝を伝え合えるところがいいなと思いますね。

 

ameri

他のツールは活用されていますか?

 

奥谷さん

営業のメンバーが受注をした際、目標を達成したときは全拠点のモニターに速報が流れるようになっています。誰かの誕生日などの際にはそこでメッセージも流していますね。

 

その後、Talknote上でお祝いのスレッドが立ってやり取りが活発になるんですよ。

 

ameri

モニターでの速報がコミュニケーションのきっかけになっているんですね。

 

今年の5月にリニューアル!コミュニケーションを取りやすい工夫がなされたオフィス

 

 

ameri

オフィスにも社員のコミュニケーションを活性化させる工夫はしているのでしょうか?

 

奥谷さん

はい!5月に11階をリニューアルしました。そのときに、コミュニケーションがより活性化するように工夫したんですよ。ご紹介しますね!

 

誰がどこにいるかがすぐにわかる!執務エリアのエントランス

 

 

奥谷さん

こちらが執務エリアです。入ってすぐに全体が見渡せるように作りました。

 

ameri

誰がどこにいるかすぐに分かりますね。

 

奥谷さん

そうですね。チーム関係なく座れるので、コミュニケーションを取る相手の幅が広がりました。

 

フリーアドレス化した執務エリア

 

 

奥谷さん

リニューアルを機に執務エリアをフリーアドレスにしました。

 

ameri

以前は固定席だったんですか?

 

奥谷さん

はい。チームごとに固まった固定席でしたね。フリーアドレスにしたことで、チーム関係なくフランクに話せる環境になりましたね。いいコミュニケーションがとれるようになっていると思います。

 


▲5月より設置された、サクッとブレストをしたり集中したりするときに使えるスタンディングデスク

 

制度や社内イベント、オフィスの造りに、社員同士が良い関係性を築く工夫がたくさん散りばめてあった株式会社プレシャスパートナーズ。休日にも一緒に遊びにいく社員が多いそうです。コミュニケーションの活性化が、良い関係性作りに重要なのだと感じました。

 

category : オフィス取材

logo

株式会社プレシャスパートナーズ

https://www.p-partners.co.jp/index.html
東京都新宿区西新宿1-22-2 新宿サンエービル 11階・12階

この記事を書いた人

IBASHO編集部

IBASHO編集部

オフィスで働くことをもっとたのしく・働く場所としてもっと快適に。「はたらく人を幸せにするメディア」IBASHOを運営しています。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
オフィス取材を希望する方はこちら!!
オフィス賃貸・物件紹介サイト Runway