vol.  
第一印象が重要!エントランスデザインの効果とおしゃれにするポイント・費用の目安

来訪客が一番最初に訪れるエントランスは、第一印象を決めるといっても過言ではありません。明るく、開放的なエントランスの場合は親近感を持ち、重厚で高級感のあるエントランスの場合は信頼を得やすくなります。

 

本記事では、オフィスのエントランスデザインの効果と、おしゃれなエントランスを作る方法について紹介します。

 

エントランスのデザインを検討している方はぜひ参考にしてみてくださいね。

2019年06月15日


この記事を読むのに必要な時間は約 8 分です。

  • share
  • share
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

エントランスのデザインの効果

 

エントランスのデザインについて考える前に、まずはエントランスの目的を確認しましょう。エントランスは「来訪客を迎え入れる場所」の他にも、「執務スペースとの区切り」を果たす役割があります。

 

「オフィスが小さいからエントランスなんて作る余裕がない…」と考えている方でも、執務スペースとの区切りを作るだけで、エントランスは完成します。パーテーションで仕切るだけでも、執務スペースと来客スペースを分けることができますよ。

 

ですが、ただ空間を分けただけだと殺風景なもの。好印象を得ることは難しいですよね。

 

エントランスをデザインすることの効果は、訪れた人に「いい印象」を持ってもらうためです。何が「いい」印象なのかは、企業理念によっても異なります。親しみを感じてもらいたいのか、信頼感を大切にしたいのか、爽やかで明るい印象がいいのか、スタイリッシュにしたいのか…。相手に持ってもらいたい印象に合わせて、エントランスをデザインすることがポイントですよ。

 

エントランスのデザインをおしゃれにするポイント

 

エントランスは訪れた人の第一印象を決める大切な場所だとわかりました。では、エントランスでいい第一印象を持ってもらうようにデザインする方法は何があるのでしょうか。

 

ビル、会社やオフィス、店舗のデザインなどの状況別に、おしゃれなエントランスを作るポイントを紹介します。

 

ビルのエントランス

ビルのエントランスをおしゃれにするポイントは、照明を変えることです。ビル自体のエントランスを変えることは難しいものですよね。そこで、照明の色を明るい色にするだけでも、ビル自体の印象も明るくすることができるのです。

 

また、清潔感のある雰囲気を作ることは必須です。ゴミは落ちていないのか、窓は曇っていないかなどはこまめに確認しましょう。たとえ、複数の会社が入っているオフィスビルで、共用のエントランスだったとしても、清潔感がない場合、会社にマイナスなイメージを与えかねません。もし、掃除が毎日入っていない場合は、社員たちにも「常にお客様を迎える場所」だと示した上で、ゴミなどがあれば積極的に拾うように共有しておきましょう

 

会社・事務所・オフィスのエントランス

会社や事務所などのオフィスのエントランスをおしゃれにするポイントは「」です。エントランスに使われている色によって、イメージは大きく変わります。

 

おすすめなのは、企業のコーポレートカラーを取り入れること。壁紙や床などにコーポレートカラーを取り入れることで、企業のイメージが伝わりやすく、会社のイメージ付けすることができます。

 

また、開放感のあるエントランスを作るためには、ある程度の広さをとって、ホールタイプにすることがおすすめです。ホールタイプのエントランスとは、来客を向かい入れるためだけではなく、ミーティングスペースやリフレッシュスペースとしても利用したり、セミナールームなど社員も利用できる場所のこと。

 

ただの仕切りとしてのエントランスではなく、社員たちも利用できるエントランスにすることで、人の出入りも多くなりコミュニケーションが生まれる空間になります。ミーティングスペースとしても使うことで、訪問したお客様も多くの社員たちと顔を合わせることに。そこで気持ちよく挨拶をしたり、積極的にコミュニケーションを取ることで、働いている人の印象も良くなります。

 

「親近感を持って欲しい」「社外の人、社内の人ともにコミュニケーションを重視したい」と考えている会社にとって、ホールタイプのエントランスはおすすめです。

 

住居・マンションの玄関

マンションや家などの住居の玄関をおしゃれにする方法は、壁紙や床の色にこだわることです。暗い色合い、床と壁の色がちぐはぐの場合はおしゃれな印象とは程遠くなってしまいます。

 

明るい色合いや遊び心のある壁紙にしたり、質感の良い壁紙にしたりするだけでも印象は大きく変わりますよ。

 

また、床は大理石調やタイル調にするだけでもおしゃれな雰囲気になります。

 

「床や壁紙を全部張り替えると、結構な費用になってしまわないかな?」と心配な方は、一部分だけ変えてみることもおすすめです。特に無地の壁の場合は、柄・模様がついた壁紙を上から貼るだけでも、印象は大きく変わります。

 

特におすすめなのは、Francfrancのはがせる壁紙。一度貼った後でもきれいにはがせるので、賃貸物件の場合でも安心です。たくさんの柄があるので、ぜひチェックしてみてくださいね。

 

<Francfrancの公式サイト>

http://www.francfranc.com/shop/search/goodssearch.aspx?search=x&keyword=%95%C7%8E%86&sp_header2_h

 

店舗のエントランス

店舗のエントランスをおしゃれにするポイントは、「統一感のあるインテリア」と「観葉植物」です。店の雰囲気にあったインテリアを揃えて、統一することでおしゃれな雰囲気になりますよ。

 

インテリアだけでなく、観葉植物を置くことで明るい雰囲気になります。自然を取り入れることで、おしゃれなだけでなく温かみのある雰囲気も演出できますよ。観葉植物は週に1度程度水を上げる程度でも十分です。「植物の管理は難しそう」と諦めている人も、観葉植物なら管理しやすいのでぜひ試してみてくださいね。

 

エントランスデザインを変えるときの費用の目安

エントランスデザインを変えるときには、どれくらいの費用がかかるのでしょうか。おしゃれなエントランスを作るためには、高額な費用が必要になると思いがちですが、実はエントランスにはそれほど費用は必要ありません。

 

実は、オフィスの内装工事の費用の大部分は通信工事什器代です。エントランスには配線を多く引く必要もなければ、什器を多く必要とするわけでもないので、費用を抑えられるのです。そのため、高額な什器を準備しない場合は、15〜100万円程度でエントランスデザインを変えることができるでしょう。

 

また、観葉植物やインテリアを揃える程度なら数千円でも雰囲気を変えることも可能です。予算がないと諦めている方は、できる範囲から始めてみてはいかがでしょうか。

 

記憶に残るエントランスで好印象に

 

エントランスのデザインは、第一印象を決める重要な場所です。エントランスをおしゃれにするには、大掛かりな工事が必ず必要なわけではありません。観葉植物を置いたり、照明の色を変えるだけでも印象は変わります。少し余裕がある場合は、コーポレートカラーを取り入れたり、壁紙や床にもこだわりましょう。

 

できる範囲から、来訪客の記憶に残るエントランスを作ってみてはいかがでしょうか。

この記事を書いた人

IBASHO編集部

IBASHO編集部

オフィスで働くことをもっとたのしく・働く場所としてもっと快適に。「はたらく人を幸せにするメディア」IBASHOを運営しています。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
オフィス取材を希望する方はこちら!!
オフィス賃貸・物件紹介サイト Runway

この記事を書いた人

IBASHO編集部

IBASHO編集部

オフィスで働くことをもっとたのしく・働く場所としてもっと快適に。「はたらく人を幸せにするメディア」IBASHOを運営しています。
オフィス取材を希望する方はこちら!!