vol. 108   株式会社ism
女性の働くを楽しくする。「あったらいいな」が詰まったismのオフィス

「もっと、わたしらしく」という理念を掲げ、その人らしいライフスタイルを送る個人・企業を増やす取り組みをしている、株式会社ism。

そんなismの新オフィスが、2018年12月に女性専用コミュニティコワーキングに形を変えてオープンしました!

 

 

ismの新オフィスは、「女性の働くを楽しくする」ためのこだわりが詰まっていました。早速紹介していきます!

2019年02月28日
text by 小松亜美(ameri)
photo by 竹井美砂子

この記事を読むのに必要な時間は約 8 分です。

  • share
  • share
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 

鈴木 碩子さん (すずき・せきこ)
株式会社ism・CEO。2011年の東日本大震災をきっかけに、「大切な人に何かあったときに助けられる自分でいたい」と決意し大学を中退。メイクアップアーティストとして独り立ち後、スタートアップ・大手企業・フリーランスと様々な業種を経て、2017年4月に株式会社ismを設立。

「わたしらしく生きる個人・企業を増やす」を軸に事業を展開

 

インタビューカット2

 

ameri

早速ですが、ismの事業について教えてください!

 

鈴木さん

ismでは「もっと、わたしらしく」の企業理念に沿った事業を展開しています。

 

「わたしらしい仕事で世の中に貢献する」と、「わたしらしく生きる人を増やすためのサービスを提供する」。この2軸で、その人らしく生きる個人・企業を増やす取り組みをしています。

 

ameri

具体的には、どんな事業を展開しているのでしょうか?

 

鈴木さん

具体的には3つあります。Webコンテンツ・広告制作事業、バックオフィス支援事業、メディア事業です。

 

メディア事業では、2018年に女性のライフスタイル応援マガジン「ism magazine(イズム マガジン)」をリリースしました!“自慢したいワタシ”になれる女性を増やそうと発信しています。

 

ameri

「もっと、わたしらしく」という思いを抱いたきっかけはありましたか?

 

鈴木さん

昔からずっと「せっかくの自分の人生なんだから、幸せに生きたい!」という夢を抱いていました。それを叶えるためにはどうしたらいいんだろう……と考えたことがきっかけです。

 

型にハマって自分らしさを押しつぶすのは違う。考えていく中で自分らしく過ごせることが、私にとっての幸せだと感じたんです。結果、「もっと、わたしらしく」というコンセプトにたどり着きました。

 

ameri

では、わたしらしく過ごせる場所を作った理由は何だったのでしょうか?

 

鈴木さん

私は、自分が女性であることが好きなんです。かわいいものを素敵だと感じたり、おしゃべりをしたり、得意を発揮した仕事ができたり、と女性ならではの感性を持てるのが楽しいと思っています。

 

そんな女性同士だからこその楽しいことを共有し合える場所があったら、仕事や毎日の生活が楽しくなると思ったんです。

 

そして自分らしく過ごせる人が増えていくのではないかと考えました。だからこそ、女性が楽しく、わたしらしく過ごせる場所を作ることに決めたんです。

 

「女性の働くを楽しく」がコンセプトのオフィス

 

ism campus

 

ameri

2018年12月に移転したんですよね。新しいオフィスのコンセプトはなんでしょう?

 

鈴木さん

コンセプトは「女性の働くを楽しく」です!

 

ameri

素敵ですね!どのような背景からこのコンセプトにしたんですか?

 

鈴木さん

ism自身が、社員も役員も女性だけの組織であることが背景にあります。

 

かわいいものを見たり、お気に入りの空間で過ごしたりするだけで、女の子ってテンションが上がりませんか?なので、女性の「好き!」がたくさん詰まった空間を作りたいと思いました。

 

ameri

なるほど!こちらはオフィスとしてだけではなく、オンラインでもオフラインでもつながれる、コミュニティコワーキングとして利用できると聞きました。

 

鈴木さん

そうなんです!オフィスという面もありますが、「ism campus(イズム キャンパス)」という女性限定のコミュニティコワーキングでもあります。生活と密接に関わっている「働くこと」を楽しくする目的で作りました。一般の方も無料で会員登録することで、1時間500円から利用できる仕組みです。

 

ameri

楽しく働いている人たちとつながれる場所なんですね。では早速ご紹介お願いします!

 

自らの足で集めた家具たち!楽しく過ごせるこだわりが詰まったワークエリア

 

エントランスを入ってすぐ見えるのが、デスクと椅子が並ぶワークエリアと、ゆったり過ごせるソファエリア。コミュニティコワーキングは、ソファの奥にある受付で入店手続きをすることで利用できます。

 

ismワークエリア

 

鈴木さん

ワークエリアとソファエリアでは、好きなところに座って作業ができるんです。

 

ameri

ソファの上にあるランプがかわいいです!あまり見かけないデザインで、小物選びへのこだわりを感じます。社員さんが選んだんですか?

 

ism照明

 

鈴木さん

はい!家具は全てわたしと社員がショップに足を運んで選びました。

 

ameri

窓も大きくて、ワークエリアがとても明るく感じますね。

 

ism六角形の窓

 

鈴木さん

六角形のユニークな窓は、光をたくさん取り込んでくれます。なので、大きな窓を活かして、明るい雰囲気にしたところもポイントです!

 

ismジャケット

 

ameri

ワークエリアの端にあるジャケットは、社員さんの私物ですか?

 

鈴木さん

それが、違うんですよ。コミュニティコワーキングでのサービスの一環として、ジャケットの無料レンタルをしています。

 

私服で仕事をしている場合、急な打ち合わせなど、突然ジャケットが必要になる場面が出てくると思うんです。そんなときに無料で借りられるジャケットがあると便利、というメンバーの意見から生まれました。

 

ameri

そこまで細やかな配慮が……!突然必要になったとき、とてもありがたいですね。

 

次ページ仕事も読書もできる、リラックスエリア

1 2

category : オフィス取材

logo

株式会社ism

https://ism-myself.co.jp/
東京都渋谷区道玄坂1-22-12 長島第一ビル3F

この記事を書いた人

IBASHO編集部

IBASHO編集部

オフィスで働くことをもっとたのしく・働く場所としてもっと快適に。「はたらく人を幸せにするメディア」IBASHOを運営しています。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
オフィス取材を希望する方はこちら!!
オフィス賃貸・物件紹介サイト Runway