vol. 56   ChatWork株式会社
「新しいワークスタイルをここから」ーー働き方をアップデートするChatWorkの新オフィスへ行ってきた!

こんにちは、かしみんです。今回は、ビジネスチャット「チャットワーク」を提供するChatWork株式会社が2017年10月にオフィス移転をしたということで…お邪魔してきました!新オフィスはなんと、東京タワーの真下にあるビル。それでは早速行ってみましょう!

2018年03月02日
text by Kashimin
photo by Tetsuya Hara

  • share
  • share
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

根本にあるのは「働き方をアップデートする」という思い

そもそも「チャットワーク」、みなさんは知っていますか?

 

チャットワークは、メール・電話・会議に代わるビジネスチャットツールです。テキストで会話できるチャットをメインに、タスク管理機能やビデオ通話、音声通話機能などを同一プラットフォームで利用することができます。

 

かくいう私も「チャットワーク」を愛用して早3年!取引先や社内で「チャットワークを使っている」というビジネスマンは多いのではないでしょうか。

 

そんな「チャットワーク」を運営しているオフィスは、東京タワーが目の前にあるビルの5階と7階にあります。5階は執務スペース、7階は来客用スペースとして活用されているそう。(東京タワーの目の前だなんて、ロマンチックですよね)

 

本日新オフィスを案内してくれるのは、人事総務広報部 広報ディレクター 山田葉月さんです。では早速お話を伺いましょう!

 

山田葉月さん (やまだはづき)
人事総務広報部 広報ディレクター

ロンドン大学を卒業後、2008年に仏系外資化粧品会社に入社し、新商品などのPR戦略立案および実行を担当。2012年に大手情報・通信会社に入社し、取材ピッチングやイベント、カンファレンスの企画運営を行う。2015年12月にChatWork入社。広報ディレクターとして国内外のコミュニケーション戦略の企画実行に従事する。

 

かしみん

2017年10月に移転されたばかりなんですね。

 

山田さん

はい。従業員の増加に伴って、移転をしました。

 

かしみん

おしゃれなオフィスですが、コンセプトはありますか?

 

山田さん

コンセプトは「働き方をアップデートする」です。

 

かしみん

働き方をアップデート、ですか…!

 

さらに詳しくお話を聞いてみると、ChatWorkは提供するビジネスツールにより、世の中の働き方を変えることを目指しているそうです。だからこそ自社の働き方が先進的であるべき。そんな思いから、先進的な働き方ができるよう、オフィス作りにも工夫を凝らしています。

 

常識を覆す「部署ごとにまとまらない」「紙や電話は使わない」オフィス

 

かしみん

オフィス作りには、具体的にどのような工夫を…?

 

山田さん

たとえばデスクには車輪がついていて、自由に動かせるようになっています。これは社員全員で手作りしたんですよ。

 

かしみん

なるほど、気軽にデスクを移動できるんですね。

 

山田さん

そうなんです!弊社のデスクは部署ごとに並ぶ、という決まりがないためプロジェクトごとに席を移動させてレイアウトが変えられるんです。

 

かしみん

臨機応変にデスクが移動できると、業務の効率化が実現しそうですね!

 

山田さん

あとは、日常業務の中でも働き方のアップデートの意識を取り入れています。紙の印刷はしていませんし、固定電話も置いていないんですよ。個人ごとの携帯電話もないんです。

 

かしみん

それは衝撃的ですね…!業務中に困ることはありませんか?

 

山田さん

基本的に困ることはありません。紙の資料をいただいたら、データ化してクラウド上に保存しますし、コミュニケーションを取る際はチャットワークやメールを使っています。

 

かしみん

紙だとかさばりますもんね。電話がないということは、取引先も受け入れてくれるんですか?

 

山田さん

4〜5年前は電話を置いていないことに対してお叱りを受けることもありました。しかし、今は「とても先進的な働き方ですね」と言っていただいてます!

 

かしみん

働き方に関する世の中の考え方も変わってきているんですね。

 

リモートワークで働くママさんにも話を聞いてみました!

 

ワークスタイルを変えようとしているChatWorkには、リモートワークで働くの社員の方もいます。「実際にお話を伺ってみたい!」という私のわがままから、お願いしてビデオ通話を繋いでいただきました!

 

矢部さん

こんにちは、社員の矢部優子です。

 

かしみん

こんにちは、お忙しい中ありがとうございます。リモートワークで働かれていると伺いまして…!

 

矢部さん

はい。もともとChatWorkに週5で出社していましたが、今は週2回出社、週3回リモートワークをしています。

 

かしみん

なぜリモートワークに切り替えたんですか?

 

矢部さん

現在子どもが2人いて、長男を幼稚園に入れようと思ったのがきっかけでした。

 

かしみん

「リモートワークをしたい」と相談したときの社内の反応はどうでしたか?

 

矢部さん

上司は、「いろいろな働き方を実践していきたいから、やってみよう!」と言ってくれました。

 

かしみん

前向きに許可してくれたんですね。実際にリモートワークをしてみてどうでしたか?

 

矢部さん

それまで1時間程かけて通っていた通勤時間が減り、家族や自分のために使える時間が増えました。結果的には心がイキイキするようになって、とても感謝しています!

 

かしみん

通勤時間って積み重なると大きいですもんね。

 

矢部さん

かなり大きいです…。あとはリモートワークで働くようになってから、家事・育児と仕事の両立のためのスケジュール管理にも力を入れています。限られた時間を有効活用できるように、という意識ですね。

 

 

リモートワークで働く人が実際にどのようなスケジュールを過ごしているのか気になったので、矢部さんに伺ってみたところ、

 

  • 6時:起床
  • 8時:旦那さんと子どもたちの見送り
  • 8時〜10時:家事
  • 10時〜16時半:リモートワーク
  • 17時:保育園と幼稚園へ子どもたちを迎えに行く
  • 18時〜:夕飯やお風呂
  • 20時半:子どもたちの寝かしつけ

 

という回答が。充実した1日を過ごして、21時以降にやっと自分の時間ができるんだそう。働くママさんはパワフルです…!

 

また、リモートワークにおいて気をつけていることを聞いてみると、「雑談をしてコミュニケーションを取るようにしている」ということでした。ひとりで働くリモートワークならではのポイントですね。ちなみに、矢部さんは社内の子育て部の活動に参加していて、グループチャットで子どもの相談やアドバイスをしているんだそう。

 

かしみん

チャットワークは業務だけでなく、日常のコミュニケーションにも便利ですね!

 

矢部さん

今はリモートワークをすることで社内メンバーに助けてもらっている部分がたくさんあります。なので、子どもが大きくなったら私がフォローする側に回りたいと思っています!

 

かしみん

助け合いは大切ですね、ありがとうございました!

 

オフィス内にはこんな工夫が!

山田さん

働き方をアップデートするにあたって、コミュニケーションが取りやすいオフィス作りをしています。5階のカフェスペースは、社員同士が交流するスペースになっているんですよ。

 

かしみん

おしゃれなバーカウンターがありますね。吊るしてある電球の形が一つひとつ違っていて、かわいいです!

 

かしみん

あと、ビンテージものの消火器がとてもおしゃれ…!

 

山田さん

ありがとうございます。インテリアショップを巡って、ひとつずつ購入しているんですよ。

 

かしみん

このスペースから強いこだわりが伝わってきます。バーカウンターはどのようなときに使っているんですか?

 

山田さん

仕事後に集まって軽く一杯飲んだり、月に1回社員がバーテンダーになってお酒を飲むイベントを開催したり。コミュニケーションを目的としているので、このスペースではミーティングをしないように心がけています。

 

山田さん

7階のシアタールームにも力を入れています。大きなスクリーンに赤いソファを置いて、映画館のようにしているんです!

 


(ほかにも、音響や赤いカーテンなど本格的!)

かしみん

ここはどのような目的で使っているんですか?

 

山田さん

8人以上の会議やセミナー、社内の勉強会などで使っています。あとは、社員が飲み物片手にサッカー観戦をしたり、映画を鑑賞したりする交流スペースとしても使われます。

 

かしみん

シアタールームもコミュニケーションの場となっているんですね!

 

山田さん

はい、サッカー観戦はだいぶ盛り上がります。笑 ちなみにこの大きなテーブルは、卓球台になっています。

 

かしみん

気づきませんでした…!仕事に行き詰まったときに、体を動かしてリフレッシュできますね。

 

かしみん

文房具たちが飾られた壁面アートも特徴的ですね。

 


(懐かしの文房具や機械などが飾られています)

山田さん

実はこの壁面アート、私たち人間が仕事をする上で使ってきたコミュニケーションツールなんです。

 

かしみん

よく見れば鉛筆や電話機など、過去に使ってきたものばかりですね。

 

山田さん

こういったツールたちがチャットワークに集約されている、というイメージなんです。そして、この壁面アートは引きで見てみると「ChatWork」の文字が浮かび上がってくるという仕掛けもあるんですよ。

 

かしみん

言われてみれば本当ですね、こんなところにもこだわりが!話が弾むきっかけになりそうです。

 

過去に敬意を表してこれからも便利なツールを

 

かしみん

チャットワークの提供を通して、どのような未来を描いているんですか?

 

山田さん

チャットワークを使ってもらい、これからも世の中の働き方をアップデートしていきたいです。過去に使われてきた鉛筆や電話機などの仕事道具はかつて大活躍してくれました。しかし、今ではこれらのツールをITの力で集約し、効率的に仕事ができるようになっています。

 

このようにツールを使って業務の効率化を進めていくことで、ワークスタイルを変えていけると思うんです。

 

かしみん

私も実際にチャットワークを使う中で、仕事がやりやすくなったと実感しています。

 

山田さん

実は、先ほどご紹介した壁面アートは、ツールを飾ることで過去に敬意を表する意味も持っているんです。

 

かしみん

「過去に敬意を表する」、ステキな響きですね。

 

山田さん

過去のツールたちに感謝しつつ、さらに働きやすい環境を作っていきたいと願っています。

 

かしみん

世の中の働き方をアップデートするために、チャットワークを提供したり、自社のオフィスやワークスタイルを工夫されているんですね。楽しいオフィス見学をありがとうございました!

 

山田さん

こちらこそ、ありがとうございました!また遊びに来てくださいね。

 

ChatWork株式会社

https://corp.chatwork.com/ja/
東京都港区芝公園 3-4-30-7F
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
オフィス取材を希望する方はこちら!!
オフィス賃貸・物件紹介サイト Runway
  • share
  • share
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
オフィス取材を希望する方はこちら!!
オフィス賃貸・物件紹介サイト Runway