vol.  
【集中力UP】オフィスのカウンター席事例9選とポイント

働く環境の自由度が高まり、オフィスにカウンターが設置される会社も多く見られますね。

そんなカウンター席は「集中できる」と働く人にとっては良い環境なんだとか。 これからカウンター席の導入を検討している企業様のために 様々な事例とポイントをご紹介していきます。

2020年06月27日


この記事を読むのに必要な時間は約 6 分です。

  • share
  • share
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

カフェ風スペースでおしゃれさを全面的に演出できるオフィスカウンター席


おしゃれなカフェが社内にあったら、仕事をするのも楽しくなりそうですよね。そこでカフェ風スペースの様々な導入事例と共に、この座席を作るときのポイントをご紹介していきます。


カフェ風座席事例3選


【Talknote株式会社】


光の差し込む明るいカフェスペースです。
カウンター席は他のエリアの椅子とは違い ハイテーブルにあった高さのハイスツールが設置されています。 ウッド調のカウンターに、ヴィンテージ感のある椅子がおしゃれですね。


【株式会社エバーセンス】


こちらもハイテーブルとハイスツールの組み合わせの事例です。
自然光だけでなく、大きなライトを設置することでカウンターキッチンを連想させるデザインになっています。
会話もしやすそうな、広々としたレイアウトです。


【株式会社キーウォーカー】


こちらは低めのテーブルに合わせたスツールが置かれていますね。
壁のレンガに合わせた統一感のある色味でまとまっている事例です。


ポイント:飲食と作業のどちらもしやすいスペースにしよう。


カフェスペースも兼用するということで、コーヒーマシーンや電子レンジなど飲食に関わる電子機器もカウンター内には設置されていることが多いですよね。
このときカウンターで仕事をしている人の邪魔をするのはせっかくの集中スペースが台無しになってしまいます。
そこでカフェ風スペースを作るときは、おしゃれさを追求しすぎて機能的な部分の設計や配置を忘れないように心がけましょう。


フリーアドレスが導入しやすい、人の顔が見えるオフィスカウンター席


最近は特定の座席を設けずに好きな場所で仕事をする「フリーアドレス」制度を導入している会社も多いのだとか。
そこでこちらでは人の顔が見えやすいタイプの座席事例と作成時のポイントをご紹介していきます。


人の顔が見えるカウンター席事例3選


【東急不動産株式会社】


低めのテーブルがぐるりとカウンターを囲む形式の事例です。
窓に向かって集中できるスペースだけでなく 会話を楽しみながら仕事ができるスタイルですね。 社内会議でも活躍しそうな作りになっています。


【株式会社ナレッジスイート】


狭いスペースでもカウンター席は設置できます。 真ん中に観葉植物を置くことで、パーソナルスペースをしっかり確保できていますね。 横に長いカウンターやハイテーブルのカフェ風カウンターを設置できなくても しっかり集中スペースを作っている事例です。


【株式会社イグニス】


バーカウンターは完全に独立させ、別にカウンター席を設けています。
一枚板のロングテーブルに、色の統一感を残しつつ いろいろな種類の椅子を置くことで遊び心が感じられる空間になっていますね。
前後左右のがしっかり取れているので、ゆったりと作業ができるスペースになっています。


ポイント:会話のしやすさと集中しやすさの両立させよう


対面式の机を人が囲むと雑談スペースとしてはよいものの、ひとりでもくもくと作業をしたい人にとっては迷惑になることも。
この形のカウンターを作るときはテーブルの縦幅に余裕を持たせ、利用者のパーソナルスペースが確保しやすい設計にしてあげることが重要になります。


窓に向かって集中できるもくもく系オフィスカウンター席


ひとりで集中するのにぴったりな窓に向かって座席が設置されていたら、自分の世界に入りやすく仕事もしやすそうですよね。
設置の仕方も様々なので、事例と共に設置の際のポイントを確認しておきましょう。


窓に向かって設置されたカウンター席3選


【バレットグループ株式会社】


こちらは全て同じ高さと素材で机と椅子が配置されている事例です。 ウッド素材で全体的にまとめることで 落ち着ける雰囲気が演出されています。


【カクテルメイク株式会社】


一枚の机に掘りごたつ式で座席が設置されている事例です。
横の座席とつながっていることから、 雑談スペースとしても利用できそうですね。


【株式会社ヤプリ】


窓に向かって景観も開放的な上に 座席となる部分を全てマットにしています。
机が設置してある部分のみ、掘りごたつ風の足を伸ばせる仕様になっていますね。 作業者の自由度が高く、様々な使い方ができそうな事例です。


ポイント:形に拘らず、おしゃれさと機能性を両立させよう


窓に向かって設置する形のカウンターは他の事例よりも座席の設置方法が様々でしたね。 おしゃれさはもちろんのこと、働く社員にとって利用しやすいスペースになることを重視して座席の設計方法や素材などを選んでみるのもよいでしょう。


オフィスカウンター席はおしゃれなだけでなく機能的にも重宝される


いかがでしたか。 働き方が多様化している時代だからこそ、働く場所にもとらわれない社員が増えてきましたよね。 フリーアドレスを導入し、カウンター席で仕事をしやすい環境を整えてあげることで、仕事も効率的にこなせる社員も増えるかもしれませんね。

この記事を書いた人

IBASHO編集部

IBASHO編集部

オフィスで働くことをもっとたのしく・働く場所としてもっと快適に。「はたらく人を幸せにするメディア」IBASHOを運営しています。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
オフィス賃貸・物件紹介サイト Runway

この記事を書いた人

IBASHO編集部

IBASHO編集部

オフィスで働くことをもっとたのしく・働く場所としてもっと快適に。「はたらく人を幸せにするメディア」IBASHOを運営しています。
オフィス取材を希望する方はこちら!!