vol. 205   株式会社FABRIC TOKYO
多様性を受け入れチーム間の連携をスムーズに。「動物園」をテーマにしたFABRIC TOKYOのオフィス

「誰もが自分らしいライフスタイルを自由にデザインできるオープンな社会をつくる」というビジョンを掲げる、株式会社FABRIC TOKYO。IT×リアルを掛け合わせたオーダーメイドビジネスウェアサービスを提供しています。

 

そんなFABRIC TOKYOのオフィスには、なんと研修ができるデモショップが存在!「動物園」のように多様性を認め合い、チームを超えたコミュニケーションが取りやすいよう工夫したオフィスをご紹介してもらいました。

2020年05月07日
text by ameri
photo by 原 哲也

この記事を読むのに必要な時間は約 14 分です。

  • share
  • share
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 

森 雄一郎さん (もり・ゆういちろう)
代表取締役CEO/1986年生まれ岡山県出身。
大学卒業後、ファッションイベントプロデュース会社「ドラムカン」にてファッションショー、イベント企画・プロデュースに従事。
その後、ベンチャー業界へ転向し、不動産ベンチャー「ソーシャルアパートメント」創業期に参画した他、フリマアプリ「メルカリ」の立ち上げを経て、2014年2月、カスタムオーダーのビジネスウェアブランド「FABRIC TOKYO(旧・LaFabric)」をリリース。
”Fit Your Life”をコンセプトに、顧客一人一人の体型に合う1着だけではなく、一人一人のライフスタイルに合う1着の提供に挑戦中。
大森 慎平さん (おおもり・しんぺい)
オペレーショングループ マネージャー
大学を卒業後、ブライダル業界を経て2016年8月に株式会社FABRIC TOKYO(旧株式会社ライフスタイルデザイン)へ入社。リアル店舗の立ち上げ、採用を担当し、2019年1月よりオペレーショングループへ配属。
オペレーション構築、カスタマーサクセス、新入社員オンボーディング、新卒採用など幅広い業務に携わっている。

 

「動物園」をテーマにしたオフィス

 

株式会社FABRIC TOKYOは、カスタムオーダーアパレルブランド「FABRIC TOKYO」を運営しています。FABRIC TOKYOは、ビジネスウェアとテクノロジーをかけ合わせているのが特徴。クラウド上にサイズの採寸データを登録し、オンライン上でオーダーメイドスーツを購入できるサービスです。

 

では、FABRIC TOKYOのオフィスにはどのようなこだわりがあるのでしょうか。

 

FABRICTOKYOのオフィス

 

ライターのameri

ameri

エントランスからおしゃれですね!

 

FABRICTOKYOの森雄一郎

森さん

ありがとうございます!

 

ライターのameri

ameri

オフィス移転にあたってこだわったことを教えてください。

 

FABRICTOKYOの森雄一郎

森さん

オフィスには経営方針が現れると考えていたので、方針を反映することを意識しましたね。

 

ライターのameri

ameri

FABRIC TOKYOはどういった経営方針をオフィスに反映させたのですか?

 

FABRICTOKYOの森雄一郎

森さん

弊社の経営方針は、事業の戦略と組織の戦略とを合わせることだと考えています。

 

事業の戦略は、「All for One」を意識し、マーケティング、生産管理、CS、店舗開発、プロダクト開発、経営企画、店舗運営、広報といった各部署が最適なバリューチェーンを回すこと。組織の戦略は、いいチームを作り、チームの連携をうまく計れることです。

 

そのため、オフィスのあり方も「チームの連携がうまくとれること」を意識して作りました。

 

ライターのameri

ameri

移転の際にはプロジェクトメンバーを募ったんですか?

 

FABRICTOKYOの森雄一郎

森さん

そうです!

 

ちなみにオフィス移転のプロジェクトメンバーは「全部署」から人を集めることにこだわり、チームでコラボレーションが生まれるオフィスにしようと考えました。

 

ライターのameri

ameri

どうして全部署にこだわったのでしょう?

 

FABRICTOKYOの森雄一郎

森さん

弊社には、店舗の運営や開発、カスタマーサポートなどといったさまざまな部門があります。そのため、各部門によってオフィスに求める機能が異なるんです。

 

例えば、店舗の部門から「オフィスに研修施設がほしい」という要望がありました。これは実際に店舗で働く人間だからこそわかることなので、他の部署の人間からは生まれにくいアイデアですよね。

 

ライターのameri

ameri

たしかに。

 

FABRICTOKYOの森雄一郎

森さん

そういったチームごとの要望をできるだけ反映し、部署の垣根を超えて関われるオフィスを作りたかったこともあり、「全部署から」にこだわりました。

 

結果として、僕とここにいる大森含めて6名がプロジェクトメンバーとして中心となり、移転を進めましたね。

 

FABRICTOKYOの大森慎平

 

ライターのameri

ameri

オフィス全体のテーマはあるのでしょうか?

 

FABRICTOKYOの大森慎平

大森さん

「FABRASIA(ファブラシア)」というテーマを掲げています。

 

ライターのameri

ameri

ファブラシア……?

 

FABRICTOKYOの大森慎平

大森さん

弊社の社名「FABRIC」と行動展示型の動物園「ズーラシア」を合わせた造語です。

 

動物園にはさまざまな種類の動物たちが共存していますよね。我々も、多様性を認めあい、それぞれが自然体で生き生きと過ごせるような環境を作りたいと思い、新オフィスのテーマに設定しました。

 

5階を執務エリア、6階をミーティングルームにし、FABRASIAのテーマに沿ったこだわりを散りばめています。

 

ライターのameri

ameri

詳しくご紹介します。

 

コミュニケーションが生まれる場所に!バースペース

 

エントランスの右手側にバーカウンターを発見しました。

 

FABRICTOKYOのオフィス

 

FABRICTOKYOの森雄一郎

森さん

こちらはバースペースです。弊社はお酒好きの人が多いので、よく活用されています。

 

FABRICTOKYOの大森慎平

大森さん

毎週金曜日の19時から、社員が店長になってお酒を振る舞うイベント「BAR DOT5」も開かれているんですよ。自由参加で、みんなでお酒を飲みながら盛り上がっています。

 

FABRICTOKYOのイベント

 

ライターのameri

ameri

店長は決まっているんですか?

 

FABRICTOKYOの大森慎平

大森さん

有志でやりたい人がやっています。いろんな部署と交流ができる場所になっていますね。

 

店舗スタッフの研修ができる!デモショップ

 

バースペースのその奥には、何やら布が並べて飾られた空間が。

 

FABRICTOKYOのオフィス

 

FABRICTOKYOの森雄一郎

森さん

こちらが先ほど言っていたデモショップです。

 

ライターのameri

ameri

とても本格的ですね……!

 

FABRICTOKYOの大森慎平

大森さん

リアル店舗をできる限り再現しているんですよ。

 

FABRICTOKYOのオフィス

 

FABRICTOKYOの森雄一郎

森さん

以前は実際の店舗で研修を行なっていたので、いらっしゃるお客様に迷惑をかけることもあったんです。

 

また、店舗メンバーはその店舗でしか働かないので、本社でのコミュニケーションもありませんでした。思い切ってオフィスの中に店舗を設置したことで、店舗で働くメンバーとオフィスにいるメンバーとの関わりが増えました。

 

「店舗にいるような感覚で研修ができる!」と店舗運営スタッフからも人気のスペースです。

 

FABRICTOKYOのオフィス

 

スケルトンでオープンな会議室

 

バーやデモショップとは逆サイドに、会議室が並びます。

 

FABRICTOKYOのオフィス

 

ライターのameri

ameri

会議室はスケルトンなんですね!

 

FABRICTOKYOの森雄一郎

森さん

そうですね。できるだけオープンな空間になるよう、スケルトンにしています。

 

ライターのameri

ameri

会議室名が独特ですよね。

 

FABRICTOKYOの大森慎平

大森さん

実は6つ会議室の名前は、「#F・#A・#B・#R・#I・#C」になっているんですよ。

 

ライターのameri

ameri

社名の頭文字を取っていたんですね!

 

会によってレイアウトを変更できる、フリースペース

 

FABRICTOKYOのオフィス

 

ライターのameri

ameri

このスペースはどう利用されているのでしょう?

 

FABRICTOKYOの森雄一郎

森さん

ミーティングをしたりランチを食べたり、時にはセミナーやイベントを開催したり、さまざまな用途で使われています。

 

FABRICTOKYOのオフィス
▲本気で卓球をしてリフレッシュする姿も!

 

FABRICTOKYOの大森慎平

大森さん

レイアウトが変更できるので、椅子や机を並べ直して、週に1回全社会をこの場所で開いています。

 

ライターのameri

ameri

全社会は、オフィスにいるメンバーだけで行なわれているんですか?

 

FABRICTOKYOの大森慎平

大森さん

いえ、店舗メンバーともオンラインでつなげたり、議事録を共有したりしています。

 

FABRICTOKYOの森雄一郎

森さん

できるだけ情報格差が起こらないようにしたいので、その点は昔から意識していますね。

 

リラックスできる空間も裏側に!

 

フリースペースの奥には、何やら段差のついたベンチが!

 

FABRICTOKYOのオフィス

 

ライターのameri

ameri

ユニークな階段ですよね。

 

FABRICTOKYOの大森慎平

大森さん

フリースペースでイベントを開催したかったので、この形にしたんですよ。

 

ベンチをフラットにすると奥の人が見れないですよね。なので、段差をつけてイベントにも使えるようにしました。

 

FABRICTOKYOの森雄一郎

森さん

とはいえ、すべてオープンでは落ち着きません。居心地よくリラックスできる空間も用意したかったので、この段差の裏側に少し工夫を凝らしました。

 

FABRICTOKYOのオフィス

 

ライターのameri

ameri

裏側にリラックススペースが……!

 

FABRICTOKYOの森雄一郎

森さん

そうなんです。ここでランチを食べる人もいれば、休憩している人もいます。

 

事業を通して「自分らしいビジネスウェア」を提供

 

FABRICTOKYOの森雄一郎と大森慎平

 

ライターのameri

ameri

FABRIC TOKYOが展開している事業について教えてください!

 

FABRICTOKYOの森雄一郎

森さん

弊社は「Fit Your Life」をコンセプトに、サイズだけでなく生き方や価値観にフィットする自分らしいビジネスウェアを提供しています。

 

販売・生産においてデータを登録しておけるテクノロジーを取り入れることで、お気に入りのスタイルやサイズのデータをWeb上で管理し、オンラインで購入してもらえることが強みです。

 

ライターのameri

ameri

サービスを通してどんな社会を作りたいと思っているのでしょう?

 

FABRICTOKYOの森雄一郎

森さん

ビジョンとして掲げている「誰もが自分らしいライフスタイルを自由にデザインできるオープンな社会をつくる」が目指している姿です。

 

ビジネスマンのライフスタイル向上にファッションの分野から貢献し、働く日本人の毎日の始まりがもっと心躍るものになるようにしたいですね。仕事もプライベートも心から楽しむアクティブなビジネスマンを、一人でも多く増やしたいと思っています。

 

FABRICTOKYOの森雄一郎と大森慎平

 

今後について森さんに伺うと、「小売とテクノロジーという、今まで相容れなかった業界を掛け合わせることで、新しいものをどんどん生み出していきたい」と力強く話してくれました。

 

おしゃれな現代のオーダーメイドビジネスウェアを提供するFABRIC TOKYOは、オフィスもさすがのスタイリッシュさ。

 

多様性を受け入れるというオフィスへの姿勢が、その人にフィットする「オーダーメイド」というサービスにもつながっていると感じました。

 

category : オフィス取材

logo

株式会社FABRIC TOKYO

https://corp.fabric-tokyo.com/
東京都渋谷区千駄ヶ谷5丁目23-13 南新宿星野ビル6階

この記事を書いた人

IBASHO編集部

IBASHO編集部

オフィスで働くことをもっとたのしく・働く場所としてもっと快適に。「はたらく人を幸せにするメディア」IBASHOを運営しています。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
オフィス取材を希望する方はこちら!!
オフィス賃貸・物件紹介サイト Runway