vol.  
コミュニケーションは熱を帯びる場所で。 オフィスの選択肢が増える時代、ニューノーマルなオフィススタイルとは

2020年前半、日本人の働き方を変える大きなきっかけになった、新型コロナウイルス感染症。感染症対策として外出自粛の流れが到来したことで、業務のオンライン化が進み、リモートワークに移行する企業が増えました。

そんな変化のなかで、オフィスのあり方も変わろうとしています。働き方の選択肢が増えた時代に、選ばれるオフィスとはーー。新しいオフィススタイルを提案する、株式会社レーサム 天野孝一さん、小川美穂さんにお話を伺いました。

2020年10月01日


この記事を読むのに必要な時間は約 16 分です。

  • share
  • share
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

働き方の選択肢が増えたことで、オフィスの選択肢も広がった

 

新型コロナウイルス感染症の影響を受け、外出自粛の流れとなり、働き方が大きく変わった現在。オフィスに出社せずに働く「リモートワーク」が注目され、ウィズコロナ時代において導入する企業が増加しました。

 


 

株式会社オフィスバンクが実施した「リモートワーク・オフィス環境に関する意識調査」を見ると、「コロナウイルス感染拡大前からリモートワークに取り組んでいたか」という質問について、一部取り組んでいたと答えた企業が50%、取り組んでいないと答えた企業が44%、全面的に取り組んでいたと答えた企業が6%でした。
 
一方で「現在のリモートワークの取り組み状況」という質問については、全面的に取り組んでいると答えた企業が63%、一部取り組んでいると答えた企業が37%でした。
 
以上の結果から、新型コロナウイルス感染症をきっかけに、多くの企業が本格的にリモートワークの導入に踏み切っていることがわかります。 

 
また、同調査の「今後もリモートワークを継続したい、もしくは導入したいか」という質問については、したいと答えた企業が42%、条件付きでしたいと答えた企業が52%、したくないと答えた企業が6%でした。
※(株)オフィスバンクリモートワーク・オフィス環境に関する意識調査」出典
 
業種業態などによりますが、対面でなくても仕事が進められるとわかった今、リモートワークは多くの企業で継続されるでしょう。リモートワークと出社を組み合わせた、ハイブリッドな働き方も増えていくことが予想されます。
 
働き方の選択肢が増えたことで、オフィスの選択肢も変わってきています。リモートワークの定着で、オフィス選びの要件として重要視されていた執務をする場所や広さを重視するだけでなく、働く環境や出社する意味を求めたオフィスを選ぶことも重要になってきています。
 
「これまでは、人と直接顔を合わせて仕事をする選択肢しかなかった為、取引先企業や関連企業と打ち合わせしやすいよう、利便性を重視してオフィス街に拠点を構える企業が多くいました。しかし、今はリモートワークによって、人と会う事の重要性は変わらないものの、全部が全部人に会わないと仕事ができないという事ではなくなり、オフィスの選択肢が増えたのです。
 
『もっと従業員の通勤に便利な場所へ』『もっと緑が感じられる場所へ』といったように、オフィスは都心にあるべきという既成観念が崩れ始めています。そのため、企業は『なんのために働くのか』『どんな働き方が合っているのか』と原点に戻り、自分たちにとってベストなオフィスを選んでいくべきではないでしょうか」

 

2021年5月末、池尻大橋に新しいオフィス物件がオープンする

 

<概要のまとめ>
・地上2階、地下1階のビル
・ウッドデッキの屋上つき
・高低差のある立地にあるので地下フロアには窓がついていて、光を取り込む
・1階はガラス張りで見せるオフィスやショールームとしても使える
・一棟貸しでネーミングライツあり 企業ブランドを表現できる
・内装付きで賃貸も相談できる

 
池尻大橋の新築物件 


▲▲A棟をレイアウトしたイメージVR画像。このようにレイアウトをして貸し出しする事も相談できる

 

前述した背景があるなかで、2021年5月末、「渋谷」駅の1駅隣の東急田園都市線「池尻大橋駅」から徒歩4分の場所に、株式会社レーサムが手掛けたオフィス物件がオープンします。
 
池尻大橋の新築物件の平面図 
▲1階平面図。左がA棟、右がB棟となっています。
 
地上2階、地下1階のビルがA棟・B棟と並んで2棟建つ予定です。どちらもウッドデッキの屋上つき。南東から見ると、高低差のある地形によって地下フロアが地上に出ていて、窓がついています。十分に室内へ光を取り込んでおり、地下特有の暗さがありません。 

一棟貸しなのが特徴で、A棟とB棟の両方でも、どちらか片方の物件だけでも借りられます。
 

所在地   東京都目黒区大橋680-2他(地番)
交通    東急田園都市線「池尻大橋」駅徒歩4分
築年月   2021年5月末竣工予定
用途    事務所・店舗
契約面積
A棟   約418.27坪    B棟   約276.37坪
1階    126.80坪    1階     70.25坪
2階    143.95坪    2階     98.11坪
B1階    147.52坪    B1階    107.99坪


▲池尻大橋新築物件の概要

 

働き方の選択肢が増えたことで、オフィスの選択肢も増えた今、レーサムはなぜ池尻大橋という場所に注目したのでしょうか? その理由を「都心に近いけれど、のどかな側面もあり、のびのびと働ける環境だから」といいます。
 

▲池尻大橋駅から徒歩4分。現在は地図上の「日本調剤池尻ビル」を取り壊し、物件の開発が始まっている
 
「池尻大橋という街は、駅前に企業のオフィスがあったり、話題性のある店がオープンしたりしながらも、駅から少し離れると住宅街も広がっています。大学病院や学校などの施設もそろっており、緑が多くて静か。ゆったりとした時間が流れる、ビジネス・流行・暮らしが融合した街です。
 
池尻大橋の魅力としては、近くに渋谷や中目黒といった街があることによる、アクセスのしやすさも挙げられます。渋谷駅からは頻繁にバスが運行していますし、田園都市線沿線・東急線沿線の方は、自転車で通っている方も多いのではと感じています。
 
リモートワークに移行するといっても、完全にオンライン化するわけではなく、多くの企業ではオフィス出社と並行していくことになるでしょう。オフィスが都心から離れすぎていても不便なので、都心に近くて周辺環境の良い池尻大橋は、今後ニーズが高まっていくはずです。成長意欲が高い企業は、これまで以上に働く環境を求めているのではないでしょうか。」
 
レーサムが手掛けるオフィス物件が建つのは、池尻大橋のなかでも注目を浴びているエリア。マンション等の開発が進み、道路の拡幅工事や電柱地中化計画もある、環境に恵まれた立地です。
 
加えて、土地が高くなっていて、日が当たりやすく明るいので、オフィス物件として好立地といえるでしょう。
 

これからの時代で選ばれるのは「コミュニケーション」がキーワードのオフィス

 

 
オフィスを選ぶ条件は、場所だけではありません。構造や広さ、設備など、さまざまな要素を加味したうえで検討することになります。では、これからの時代で選ばれるのは、どういった要素をもったオフィスなのでしょうか?
 
「コロナウイルス感染症の拡大が、リモートワークを広く普及させるきっかけとなり、多くの企業がオンライン化の利便性を実感しました。一方で、オンラインでは現実的に埋めづらいコミュニケーションがあると思っています。
 
Web会議ツールを使うと、必要最低限のやりとりは行えますが、細かな表情の変化や空気感、一体感、緊張感といったところまでは読み取れないことがあると感じています。共感や盛り上がりを共有できるようなリアルな場の一体感を生み出しにくいのが現状です。
 
オンラインのコミュニケーションにはどうしても限界があります。今後は、オンラインで進められるときはオンラインで進め、対面でのコミュニケーションが求められるときは、オフィスに集まるようになるでしょう。
 
そのため、コミュニケーションの取りやすさという観点からも、リアルなオフィスが選ばれるようになると思います」
 
実際、リモートワーク中に出てきた課題として、多くの人がコミュニケーションの取りにくさを挙げています。
 
ペーパーロジック株式会社が実施した「『リモートワーク・テレワーク』に関するアンケート調査」によると、「あなたの勤務先では、リモートワーク・テレワークの課題はどのようなものがあると感じていますか?」という質問に対し、対面よりコミュニケーションが難しいと答えた企業がもっとも多く45.9%でした。
 
では、コミュニケーションが取りやすいオフィスとは、どのようなものなのでしょうか? レーサムが手掛ける池尻大橋のオフィス物件には、コミュニケーションに関する工夫が施されています。
 
「一番の特徴ともなっている、こういう時代だからこそ作りたいと思ったものは、都内では貴重な屋上スペースです。
 
株式会社レーサムの池尻大橋の新築物件
▲屋上のルーフバルコニーでコミュニケーションが産まれる

 

どのように使うかは入居企業様の自由で、例えばランチを食べたり、ミーティングをしたり、社内イベントを開催したり。ヨガをするなど、青空のもと体を動かすのも気持ちいいと思います。このように、業務の枠を超えたさまざまなコミュニケーションが生まれる空間になるはずです。
 
このウッドデッキの屋上には、緑の植物を多く取り入れるため、自然の豊かさによるリラックス効果も期待できます。そのため、肩の力を抜いたコミュニケーションが促進されるでしょう。
 
オフィス物件の周りには高いマンションが建っていますが、植物で作った緑の壁を取り入れることにより、マンション住民と目線が合わないような作りにしています」
 
また、地下1階・地上1階・地上2階と3フロアあることも、コミュニケーションの観点からメリットがあるといいます。
 
「3フロアに分かれているため、フロアごとに使い方を変えられます。例えば、地下1階はイベントスペース、地上1階はコミュニケーションスペース、地上2階は執務スペースなど。
 
交流が生まれやすい『キッチンカウンター』や『カフェスペース』を作ることが可能で、内装の自由度が高いので、理想のオフィスを再現しやすいでしょう。設備を充実させながら、コミュニケーションの促進に効果的なフロアを作っていただけます」
 

一棟貸し&ネーミングライツでブランディングができるオフィス

 

池尻大橋の新築物件のパース
▲外壁に自社のサインをつけることも相談ができるという
 

リモートワークが普及した時代に、オフィスを構える意味とはなんでしょうか? オフィスの意義のひとつとして挙げられるのが、ブランディングです。
 
「池尻大橋のオフィス物件は、一棟貸しをするうえ、ビル名を自由に決められる『ネーミングライツ』を導入するので、ブランディングに効果的です。物件の空間をトータルしてプロデュースできて、外壁からエントランス、各フロアまで、その企業の世界観を統一して表現できます。
 
こだわってデザインされたオフィスは、そこで働く従業員の満足度を高めてくれるものです。ネーミングライツによって『自社ビルを構えている』ように発信できることもメリットがあります。企業の信頼感アップにもつながるでしょう。
 
1階は大きなガラス張りとなっており「街ゆく人に“見せるオフィス”」となっています。ショールームとして利用を検討する企業にも利用しやすいでしょう。
 
物件は、大きい道路から少し引いた場所にあるので、ガラス張りの空間が主張しすぎることなく、自然と街に溶け込んでいきます」
 
リモートワークとオフィス出社のハイブリッドな働き方が当たり前になるであろう世の中。そんな時代だからこそ、自社でネーミングしたビルを構えることで、ブランディングに大きく寄与していくのではないでしょうか。

 

<こんな企業におすすめ>
・1階をショールームやイベントスペースとして使いたい企業
・カフェやキッチンを作りたい企業
・コミュニケーションの充実を図りたい企業
・企業のブランディングを高めたい企業
・屋上を自由に使ってコミュニケーションを深めたい企業

 

オフィスは、ただデスクに向かう場所ではなく、従業員が熱を帯びる場所へ

 

 

レーサムが手掛ける池尻大橋のオフィス物件は、初期費用を抑えた入居が可能です。なぜなら、OAフロア・タイルカーペット・エアコン・トイレ・照明器具といった必要最低限の設備がついた、クォータースケルトンタイプの物件だから。
 
必要に応じてオフィスの内装や機能に投資していけるため、会社の成長に合わせて徐々にオフィスをアップデートしていけます。
 
「私たちは愛着をもってこのプロジェクトを進めているので、コンプライアンスや安全性を担保できることならば、全力でオフィス作りをサポートしていくつもりです。キッチンやカフェといった特殊な設備を作ることも可能ですし、内装のデザインを希望されるなら、もちろん相談に乗らせていただきます。
 
私たちはこの物件を通して、微力ながら、入居企業様の成長をサポートしていけたらと思っています。どんな企業様に使っていただけるのか、とても楽しみです」
 
最後にまとめとして、これからのオフィスのあり方について伺いました。
 
「オンライン化が進むこの時代に、せっかくオフィスを作るなら、従業員が集まる意味のあるオフィスを作らなければなりません。そこでキーワードになるのが、先ほどもお伝えした通り『コミュニケーション』だと考えています。
 
何気なく生まれる雑談や、悩んでいそうな表情を読み取ってのフォローなど、生身のコミュニケーションはオフラインならでは。こうしたコミュニケーションは、思わぬアイディアが出たり、関係性構築による働きやすさにつながったりするでしょう。
 
だからこそオフィスは、コミュニケーションを目的とした場所であるべきだと思うのです。ただデスクに向かって仕事をするのではなく、メンバー同士が顔を合わせることによって交流が生まれ、その場の空気が熱を帯びていく場所であるならすばらしい。
 
『よし、みんなで頑張ろう!』という気持ちが従業員の方々に湧いてくる、そんな場所を私たちが提供していけたらうれしいですね」
 

所在地   東京都目黒区大橋680-2他(地番)
交通    東急田園都市線「池尻大橋」駅徒歩4分
築年月   2021年5月末竣工予定
用途    事務所・店舗
契約面積
A棟   約418.27坪    B棟   約276.37坪
1階    126.80坪    1階     70.25坪
2階    143.95坪    2階     98.11坪
B1階    147.52坪    B1階    107.99坪

 

category : オフィス物件

この記事を書いた人

IBASHO編集部

IBASHO編集部

オフィスで働くことをもっとたのしく・働く場所としてもっと快適に。「はたらく人を幸せにするメディア」IBASHOを運営しています。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
オフィス賃貸・物件紹介サイト Runway