vol. 228   Earth Technology株式会社
来客・採用を意識し、2フロアをカフェ風に。Earth Technologyのオフィス

エレベーターが開いた先に広がる、まるでカフェのような空間。

 

今回訪問したEarth Technologyは、「英語×IT」に特化したバイリンガルエンジニアの育成事業がメイン事業。昨年からは、顧客管理ソリューション「Salesforce」の導入支援も開始したIT企業です。ビルの4フロアを有するオフィスのなかで、カフェのような空間を含む内装にこだわった2フロアが印象的でした。

 

今回拝見したのは、内装にこだわった4階、9階の2フロア。まずはカフェのような4階スペースにて、谷川さん、前川さんに各フロアの違いやこだわりについてお聞きしました。

 

(3/3に取材を行いました。)

2020年06月30日
text by 卯岡 若菜
photo by 原 哲也

この記事を読むのに必要な時間は約 12 分です。

  • share
  • share
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 

谷川 昭雄さん (たにかわ・あきお)
会長/CEO
1986年生まれ、北海道中標津出身。
ソフトウェア会社を経て、2013年1月にEarth Technologyを設立・代表取締役に就任。
『英語×IT』をキーワードに世界中どこでも活躍できる「グローバル人材育成」を手がけた。2020年4月末をもって辞任、5月からは会長としてEarth Technologyを見守る。

 

前川 真帆さん (まえかわ・まほ)
広報部/PR department
1995生まれ、兵庫県明石出身。2019年4月に新卒でEarth Technologyに入社後、現在は広報・秘書を担当。社内イベントの企画・運営や広報物の制作を行う。

 

会社の成長と共に、フロアを4つにまで増床

 

 

uoka

卯岡

6階で受付をしたのち、4階のこの場所にご案内いただきました。別フロアに分かれているんですね。

 

前川さん

現在はここ4階、6階、8階、9階の4フロアが当社のオフィスです。

 

谷川さん

入居当初は6階のみがオフィスでして、そこから会社の成長に合わせて8階、9階、4階と増床してきました。

 

uoka

卯岡

それぞれ、どのように使われているのですか?

 

谷川さん

4階が会議室や打ち合わせ、面接、スカイプ面接といったアポイント関連用途、6階が受付と執務スペース、8階は研修スペース、9階は人事部のスペースですね。

 

uoka

卯岡

研修ですか。Earth Technologyさんはどういった事業をされているのでしょうか。

 

谷川さん

バイリンガルエンジニアの育成事業です。新卒・中途ともに未経験採用をしておりまして、研修を経てクライアント企業に常駐、サーバやインフラ構築といったIT関連のサービスを提供しています。昨年からは、新たに顧客データを一元管理するソリューションであるSalesforceのコンサル、導入支援も開始しました。8階で行っている研修は、入社したてのエンジニアに向けたものですね。

 

uoka

卯岡

では、オフィスで実際に仕事をされる社員の方はそれほど多くはないのですか?

 

谷川さん

そうですね。全社員がオフィスに集まることはあまりないので、現状の執務スペースの広さで今のところ問題はありません。幅120cmのデスクを使用し、20名程度までゆとりあるスペースを確保しています。ただ、研修スペースはギリギリで。新卒採用は同時に研修することになるため、4~6月限定で場所が足りなくなってしまうんです。

 

前川さん

来年度は、ひとまず日比谷に場所を借りることになりました。

 

谷川さん

移転も検討してはいるのですが、4階ができて月日が浅いため、もったいない気持ちもありまして。

 

uoka

卯岡

確かに、内装にこだわっていらっしゃる分、もったいない気持ちはわかります。そ もそも、オフィス自体を拡張する必要性がそこまで高くないなか、最後に4階にもスペースを広げたのは、なぜなのでしょうか。

 

谷川さん

会議室が必要だったのが大きいですね。これまではふたつしかなかったので。あとは、採用の観点からもおしゃれなスペースを設けたかったんです。

 

前川さん

就活時代、カフェっぽくておしゃれだな、働きたいなと思っていましたよ。

 

谷川さん

ほんとに? 面接のとき、まだ4階はなかったじゃん(笑)。

 

 

前川さん

面接は6階でしたけど、9階もおしゃれでしたし。来社された方からもエレベーターを降りた瞬間によく言われますよ、「綺麗なオフィスですね」って。

 

uoka

卯岡

クライアント先で働いている社員の方が、オフィスに来られる機会は多いんですか?

 

谷川さん

帰社日を設けてはいませんが、英会話レッスンなど30講座ほどの勉強会を随時オフィスで開催していまして。任意制なので、参加したい人が訪れていますね。あと社内で交流できる機会は、運動会や忘年会でしょうか。

 


▲英会話レッスンの様子

 


▲運動会の様子

 

uoka

卯岡

運動会ですか。

 

谷川さん

日本にいる外国人に日本の運動会を経験してもらい、日本文化を伝える機会になればと、外部に向けた国際交流イベントとして行っています。採用に繋がればいいなという思いも込めて。

 

uoka

卯岡

ユニークですね。その他、オフィスを活用して何かされている取り組みはありますか?

 

前川さん

たこ焼きパーティーを開催しています。毎月中途入社の方がいるため、懇親会として。

 

谷川さん

なぜか毎回たこ焼きなんだよね(笑)。あとは、ここでプロジェクターを使って会社説明会も行っています。25人くらい入りますかね。

 

uoka

卯岡

意外と入るんですね。では、その他のこだわりは、オフィスを拝見しながらお聞きしたいと思います!

 

カフェのようなスペースに、仕事をしやすい工夫を。 Earth Technologyのオフィス見学ツアー

 

増床を繰り返し、現在4フロアを有するEarth Technologyのオフィス。今回は、取材を行った4階の他、人事部が働く9階を見学します。

 

ヴィンテージ調の雰囲気をリクエストした「4階フロア」

 

 

4階は、レンガ調の壁に照度を落とした照明と、バーやカフェのような落ち着いた雰囲気。谷川さん自身の好みも反映されたおしゃれな空間です。

 

谷川さん

天井もリクエストして抜いていただきました。

 

 

 

uoka

卯岡

ランプの横に垂れ下がっているのは、電源ですか?

 

谷川さん

はい。作業しながら充電できるようにしたくて。ダクトレール上で動かせるので、テーブルに電源を備え付けるよりも使い勝手がいいんですよ。もっと見た目がおしゃれな器具があったら、なおいいんですけれどね。

 

 

uoka

卯岡

いわゆるファミレス席のようなソファ席にも電源がありますね。作業がしやすそうです。

 

uoka

卯岡

4階にある個室は、すべて会議室ですか?

 

前川さん

会議室と、あとはテレアポルームですね。テレアポやスカイプ面接のため、使われる機会が多くあります。

 

 


▲テレアポルームは「challenge」と「passion」の2部屋

 


▲会議室

 

uoka

卯岡

会議室前のこの空間は……。

 

前川さん

たたみスペースです。

 

 

谷川さん

靴を脱いで過ごせる場所を作りたいなと思って、要望を出しました。ただ、オフィスは海外のカフェのような雰囲気で、和室が似合う空間ではありません。そのため、オフィスの雰囲気に合う和テイストを模索していただきましたね。

 

uoka

卯岡

半個室のような作りもあり、リラックスできそうです!

 

谷川さん

ごろんと横になれるのも、たたみの良いところです(笑)。

 

バーカウンターが印象的な「9階フロア」

 

 

続いて、人事部が主に仕事をしている9階フロアへ。オフィス中央にはには、バーカウンターがあります。内装は4階と同様におしゃれながら、4階よりも明るい雰囲気の空間です。

 

uoka

卯岡

明るさを感じるのは、窓の影響だけではないですね。色合いも4階と異なるような気がします。

 

谷川さん

おっしゃる通り、せっかくフロアが異なるため、雰囲気も多少変えています。木材やレンガを使用しているのは4階と同様ですが、9階は色のトーンが明るめです。先に増床したのは9階なので、4階を作る際に落ち着いたトーンにしていただいた形ですね。

 

uoka

卯岡

オフィス作りで苦労した点はありますか?

 

谷川さん

このビルが特殊な形をしているため、使い勝手を良くするために苦心しました。会議室やたたみスペースといった個室の配置、家具の置き方などですね。部屋が正方形や長方形であれば、素直に考えればよかったんですが……。

 


▲9階会議室

 

増床を経て、次の段階へ。企業の成長と共に、オフィスの変化は続く

 

 

オフィスを拡張し、来客・採用面で重要な2フロアの内装にこだわったEarth Technologyのオフィス。フロアが異なることを活かし、明るいフロア、落ち着きのあるフロアと雰囲気を分けているのが印象的でした。

 

会社の成長と共に、必要となるスペースにも変化が生まれます。「研修スペースを多く要するのは、新卒入社後の数ヵ月。オフィス全体を移転するほうがいいのか、その期間だけ拠点を拡大するほうがいいのか、当社に適した形を選んでいきたいです」と語ってくれた谷川さん。今後のEarth Technologyのオフィスが、どのような変化を見せてくれるのか楽しみです。

 

category : オフィス取材

logo

Earth Technology株式会社

https://www.tech-earth.co.jp/
東京都豊島区東池袋3-7-9 AS ONE東池袋ビル6F

この記事を書いた人

IBASHO編集部

IBASHO編集部

オフィスで働くことをもっとたのしく・働く場所としてもっと快適に。「はたらく人を幸せにするメディア」IBASHOを運営しています。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
オフィス賃貸・物件紹介サイト Runway